国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
<「宗家文書」の解題について>
「宗家文書」の解題は、「国立国会図書館「宗家文書」目録」(『参考書誌研究』第76号)の分類ごとに作成されています。以下は、目録分類「1館守毎日記関係(1)館守毎日記」の解題です。
年代順目録は、リサーチ・ナビ調べ方案内「国立国会図書館所蔵「宗家文書」」を参照してください。
書誌情報タブ(詳細レコード表示)の「被参照資料(URL)」の項目に関連資料へのリンクがあります。

<解題>
1 館守毎日記関係
(1)館守毎日記 811冊[現在865冊に分冊]

朝鮮釜山に設置された倭館館守の執務記録。倭館は日朝外交・貿易の最前線基地として慶長12年(1607)釜山豆毛浦に設置されたが、手狭になったことから延宝6年(1678)草梁に移転した。ここを統轄する館守は、寛永14年(1637)派遣の内野権兵衛を初代とし、234年後の明治4年(1871)第105代深見六郎の時まで続く。館内の任期は原則として2年で、任務は館内の規約遵守、日朝外交・貿易の円滑運営、渡航者・往来物資・漂流民・船の管理、役人の勤務や報酬管理、館内の掃除、建物・外構(石垣)の管理、宴席場の監督、朝鮮側との交換文書(書契・真文・短簡・私信)の記録と管理など、実に広範囲にわたる。
『旧事編集』序文によると、館守が日記を残した始まりは第21代館守幾度弟右衛門の時とするが、現存するのは次の代の館守吉田作右衛門からである。倭館赴任のため対馬鰐浦港を出港した貞享4年(1687)9月23日の記事以降、番縫殿介(第104代)が館守を勤めた明治3年(1870)閏10月5日までの184年間、総計811冊からなる。この間の欠本・錯簡期間は全体の僅か1%余りに過ぎず、草梁倭館設置時代のうち移転直後の9ヶ年間を除いたほぼ全年にわたる膨大な記録群である。ここには館守がその任務を拝命した日から、交代の時期がきて一切の館務を後任館守に引き継ぎ倭館を出港するその日まで、毎日の気象、対馬と倭館の間を往来する船・人・書簡、時には貿易品の受け渡し、朝鮮との諸交渉、事件を含む館内の種々の出来事などが克明に記録されている。倭館内部のことは幕府に対しても秘匿事項とされており、館守の日記は写本も存在しない。「鎖国時代」の希有な日本人町、倭館の実態を伝える貴重な記録である。
倭館については田代和生『新・倭館─鎖国時代の日本人町』(ゆまに書房、2011年)、館守と倭館記録については長正統「日鮮関係における記録の時代」(『東洋学報』50-4、1968年)を参照。(田代和生)(2017.3)

目次・巻号

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。