国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Kaiun = 海運 : 総合物流情報誌. 12月(363)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • Kaiun = 海運 : 総合物流情報誌
    • 1940~1949 (7)
    • 1950~1959 (72)
      • 1950 (7)
      • 1951 (11)
      • 1952 (6)
      • 1956 (12)
      • 1957 (12)
        • 1月新年特別(352) [96]
        • 2月(353) [52]
        • 3月(354) [50]
        • 4月(355) [54]
        • 5月陽春特別(356) [88]
        • 6月(357) [55]
        • 7月(358) [58]
        • 8月海上保険特集(359) [75]
          • 海運人の共同性と創意工夫 / 岩本次男/p1~1
          • 十三次船以後の当面の諸問題を爼上にして(対談) / 編集部 ; 沢雄次 ; 有吉義弥 ; 福田久雄 ; 山下正雄 ; 俣野健輔 ; 大前玉男 ; 伊藤幸雄 ; 辻釥吉 ; 中沢六郎 ; 脇肇/p55~65
          • 世界石油の需給と貿易構造-2- / 小川//晴男/p68~70
          • スーパー・タンカーの生立より二年後の実績 / 河野利直/p76~77
          • 共同海損負担標準としての船価 / 石津//漣/p2~9
          • 共同海損行為の成立要件について / 勝呂//弘/p10~14
          • 我国PI保険の填補範囲拡張について / 関//保人/p14~17
          • 共同海損分担利益主体の単一及び混同と保険者の填補責任 / 中山//秀治郎/p18~20
          • 二つの海上戦争保険補償制度 / 二木//〔テイ〕知/p21~23
          • 本年度船舶保険要綱と当面の課題 / 中村幹夫/p24~25
          • P.I事故の防止と処置-上- / 徳永//貞砥/p28~32
          • 海難防止と海難審判法の改正 / 中山隆之助/p26~27
          • ユナイテツド・キングダム・クラブの発達史 / 芦屋山人/p32~34
          • 海上保険の今昔 / 横尾//登米雄/p35~37
          • 船舶保険の理論と実務(43) / 林田柱/p38~40
          • 主要海上保険業者大観 / 千代田火災海上 ; 日本船主責任相 ; 日産火災海上 ; 東京海上火災 ; 同和火災海上 ; 日動火災海上 ; 日新火災海上 ; 大正海上火災 ; 共栄火災海上 ; 日本火災海上 ; 住友海上火災 ; 安田火災海上 ; 興亜火災海上/p41~54
          • 木村俊夫新運輸政務次官と語る / 木村俊夫 ; 岡崎/p75~75
          • 在英五年半・英独点描 / 熊野修一/p66~67
          • 西ドイツ最近の姿 / 山本秀雄/p80~81
          • 欧米旅行で知つたこと・感じたこと / 平井敏也/p78~79
          • 諸外国に於ける造船用アトム動力施設 / 志鎌一之/p71~73
          • 原子力海運時代 / 内田勇/p74~74
          • オアー・キヤリアーと鉄鉱貿易 //p82~83
          • 回顧し感慨無量 / 雨宮謙次/p84~84
          • 郵船在勤三十七カ年 / 清水武生/p85~85
          • 開港五十周年を迎えた名古屋港の現状とその拡充計画 / 岡崎幸寿 ; 古川哲次郎 ; 前田一三 ; 白石勝彦 ; 佐伯卯四郎 ; 高橋儀三郎 ; 河口百合彦 ; 福原敬次 ; 青井武雄 ; 前田勝二 ; 宇佐美俊彦 ; 川西勝弥 ; 深見武雄 ; 浅井昌平 ; 小山博三 ; 岡崎幸寿 ; 木村繁 ; 飯野逸平/p88~96
          • ニアルコスの人と事業 //p86~87
          • 史上の舟さまざま / 古我源吉/p101~103
          • 今浦島の観た倫敦・紐育(二) / 三宅徳三郎/p98~100
          • やぶにらみサラリーマンの贅言(3) / 佐々木市郎/p104~105
          • 水練学校の思い出 / 下村健一/p97~97
          • 中下太郎氏に会えず山下太郎氏と会談す / 岡崎幸寿/p106~106
          • 旅の絵(4) / 高久虔一/p108~109
          • 流感三題 / 高久虔一/p112~113
          • 鶏五徳 / 高島勘一/p110~111
          • 仲裁委員会月報 //p107~107
          • The Japanese Shipping Industry and The Innovation of Its Technique / T. Tetsuka/p114~115
          • Odds and Ends / T. Miyake/p116~117
          • Japanese Shipping Market //p118~118
          • ロンドン通信 / 堀田直道/p23~23
          • 展望 / 金須正夫/p119~120
          • 資料(海外情報・国内情報) //p121~124
          • 株式通信 //p124~124
          • 海運諸統計 //p125~128
          • 海運市況(ヒ月) //p129~129
          • 編集後記 / 岡崎 ; 古川/p130~130
        • 9月夏季特集(360) [88]
        • 10月(361) [50]
        • 11月(362) [57]
        • 12月(363) [54]
          • ポスト・スエズの教訓と反省 / 三宅徳三郎/p1~1
          • 主要海運会社九月期決算の分析 / 日本海運集会所編集部/p2~7
          • スエズ運河の復旧と中東石油の地位挽回 / 田中文雄/p14~16
          • 私は業界の現状を斯く考える / 編集部 ; 伊藤幸雄 ; 脇肇 ; 下里巳之助 ; 有吉義彌 ; 蒲章 ; 沢雄次 ; 土居正夫 ; 二村貞信/p36~41
          • P・I保険に於けるインデムニチーに就いて-上- / 関//保人/p17~21
          • 英国に於ける期間傭船契約の法理(15) / 窪田宏/p22~26
          • 造船にアルミニユームを使用した由来と現状 / 河野利直/p33~35
          • 受取船荷証券(下) / 山戸嘉一/p10~13
          • 中近東より帰りて / 伊藤武雄/p8~9
          • 船舶保険の理論と実務(46) / 林田桂/p30~32
          • 欧米視察二カ月の初旅行 / 山田実 ; 末松覚/p56~58
          • パラグアイを中心とした南米視察 / 芥川輝孝/p59~59
          • 海運市況の回復は当分望めぬか / 足立護 ; 富士豊 ; 熊野修一 ; 梶川増太郎 ; 下里己之介 ; 三保良三 ; 吹田大輔 ; 谷川譲 ; 沢雄次/p27~29
          • 攻防八日間の海員停船スト / 編集部 ; 陰山寿 ; 服部元三 ; 脇村義太郎/p42~44
          • 世界各港湾に於ける不定期船の荷役時間の調査 //p45~48
          • 世界及び日本の鉄砿石輸送事情 / 鉄砿石輸送専門視察団/p53~55
          • 五大湖から大西洋岸への航路啓開--セント・ローレンス・シーウェイの全貌 / 武田//正男/p49~52
          • 山下汽船辻社長の新宇宙論を中心として / 辻 ; 平井 ; 和田 ; 山下/p65~65
          • ロンドン便り(4) / 河手武寿/p60~62
          • 廻船式目談義(3) / 住田正一/p63~64
          • 寝る児は育つ / 下村健一/p68~68
          • 猿股紛失 / 高嶋勘一/p66~67
          • 仲裁委員会月報 //p69~69
          • Operation of Our Vessels in Foreign Waters / T. Mizoguchi/p70~72
          • Oil & Tanker for Japan / H. Kagami/p73~75
          • Odds and Ends / T.Miyake/p76~77
          • Japanese Shipping Market //p78~78
          • 展望 / 大島六弥/p79~80
          • 資料(海外情報・国内情報) //p81~84
          • 株式通信 //p84~84
          • 海運諸統計 //p85~88
          • 海運市況(十一月) //p89~89
          • 編集後記 / 岡崎 ; 古川/p90~90
      • 1958 (12)
      • 1959 (12)
    • 1960~1969 (120)
    • 1970~1979 (120)
    • 1980~1989 (121)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (12)

Kaiun = 海運 : 総合物流情報誌の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2639641/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。