国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

Technology applications in design of commercial aircraft : from materials and processes to manufacturing and operations

目次・巻号

  • Technology applications in design of commercial aircraft : from materials and processes to manufacturing and operations [367]
    • ABSTRACT
    • TABLE OF CONTENTS
    • List of Figures/p5
    • CHAPTER 1.INTRODUCTION/p1
    • References to Chapter 1/p5
    • CHAPTER 2.TECHNOLOGY DEVELOPMENTS IN COMMERCIAL/p23
    • AIRCRAFT/p23
    • 1.Evolutionary Transport Design into the 21st Century/p23
    • 2.Conclusions to Chapter 2/p37
    • References to Chapter 2/p39
    • CHAPTER 3.CONSIDERATIONS AND TECHNOLOGY FOR NEW DEVELOPMENTS/p59
    • 1.Supersonic Transport Development/p59
    • 2.Large Airplane Development/p62
    • 3.Design Evolution of the Boeing 757/p66
    • 4.Current Airframers' Requirements/p80
    • 5.Conclusions to Chapter 3/p84
    • References to Chapter 3/p85
    • CHAPTER 4.TECHNOLOGY DEVELOPMENTS FOR AIRCRAFT SAFETY/p152
    • 1.Aviation Safety/p152
    • 2.Reducing High-Fatality Accidents with Navigation Aids/p158
    • 4.Conclusions to Chapter 4/p168
    • References to Chapter 4/p170
    • CHAPTER 5.OPERATIONAL ECONOMICS IN THE AIRCRAFT ENVIRONMENT/p179
    • HYPOTHESIS/p181
    • 1.Critical Factors/p182
    • 2.Strategy Analysis/p188
    • 3.Conclusions to Chapter 5/p196
    • References to Chapter 5/p199
    • CHAPTER 6.GLOBAL TECHNOLOGY IN JET AIRCRAFT/p228
    • 1.Global Technology in Commercial Jet Manufacturing/p228
    • 2.The Competitive Fleet Mix of the Future/p236
    • 3.Conclusions to Chapter 6/p245
    • References to Chapter 6/p246
    • CHAPTER 7.TECHNOLOGICAL INFRASTRUCTURE IN AIRCRAFT OPERATIONS/p247
    • 1.Infrastructure Investment to Facilitate Commerce/p247
    • 2.Listening to the Customer/p254
    • 3.Conclusions to Chapter 7/p263
    • References to Chapter 7/p265
    • CHAPTER 8.TECHNOLOGY TRANSFER THROUGH TEAMING CONCEPTS/p266
    • 1.Knowledge is Power/p266
    • 2.The Business Goes to the Lowest Bidder/p268
    • 3.Whatever You Do, Do Not Embarrass Yourself/p268
    • 4.TheImportant Thing is Academic Individualism/p269
    • 5.Composite Team Development/p270
    • 6.Conclusions to Chapter 8/p279
    • References to Chapter 8/p282
    • CHAPTER 9.WRIGHT BROTHERS LECTURESHIP IN/p298
    • 2.Aerodynamics/p302
    • 3.Engine Technology/p303
    • 4.Materials and Structures/p305
    • 5.Systems,Avionics,and Flight Deck/p306
    • 6.Safety of Air Travel/p309
    • 7.777 Design Process/p309
    • 8.Future Challenges/p317
    • References to Chapter 9/p321
    • CHAPTER 10.CONCLUSIONS/p335
    • ACKNOWLEDGEMENT/p342

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3130896/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)
再生速度変更ボタン

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。