国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

船体構造の疲労強度および脆性破壊強度設計法に関する研究

目次・巻号

  • 船体構造の疲労強度および脆性破壊強度設計法に関する研究 [148]
    • 目次/p1
    • 第1章 序論/p1
    • 1.1 本研究の背景と必要性/p1
    • 1.2 本研究の目的/p7
    • 1.3 本研究の概要/p9
    • 付表・付図/p10
    • 参考文献/p11
    • 第2章 船体構造におけるき裂損傷と構造応答解析について/p12
    • 2.1 まえがき/p12
    • 2.2 船体構造におけるき裂損傷の特徴/p13
    • 2.3 損傷評価に用いる構造応答計算について/p18
    • 2.4 溶接部き裂まわり応力分布と破壊力学パラメターについて/p20
    • 2.5 まとめ/p24
    • 付表・付図/p25
    • 参考文献/p44
    • 第3章 船体構造における脆性延性き裂強度の評価法/p45
    • 3.1 まえがき/p45
    • 3.2 き裂を伴う脆性延性破壊に対する評価法/p46
    • 3.3 脆性き裂伝播停止に対する評価法/p53
    • 3.4 き裂破損における相似則に関する考察/p61
    • 3.5 まとめ/p68
    • 付表・付図/p69
    • 参考文献/p94
    • 第4章 船体構造における疲労強度の評価法/p96
    • 4.1 まえがき/p96
    • 4.2 SN線図アプローチにおける疲労精査応力と寿命の定義/p97
    • 4.3 SN線図アプローチにおける統一的疲労線図の導出法/p100
    • 4.4 疲労き裂伝播解析による余寿命推定/p104
    • 4.5 まとめ/p108
    • 付表・付図/p109
    • 参考文献/p123
    • 第5章 船体構造におけるき裂強度設計法の展望/p124
    • 5.1 まえがき/p124
    • 5.2 き裂強度設計法の構成要素と深冷船type Bタンクでの例/p125
    • 5.3 き裂強度設計法の今後の展開/p128
    • 付表・付図/p131
    • 参考文献/p135
    • 第6章 結論/p136
    • 本研究に関する著者の発表論文/p139
    • 謝辞/p140

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3140764/1

この資料は、国立国会図書館および図書館送信参加館の館内でご覧いただけます。複写箇所が特定できる場合は、遠隔複写サービスもご利用いただけます(歴史的音源、電子書籍・電子雑誌を除く)。