国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
    • 1980~1989 (151)
      • 1980 (15)
      • 1981 (15)
      • 1982 (15)
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
        • 16(1)(201) [78]
        • 16(2)(202) [75]
        • 16(3)(203) [75]
        • 16(4)(204) [75]
        • 16(5)(205) [84]
        • [16]([6])(206) [148]
          • 第1章 総論/p5~5
          • 新しい時代のソフトウエアについて-これからの研究課題 / 大野豊/p6~12
          • 座談会 新しい時代のソフトウエア / 大野豊 ; 阿草清滋 ; 鈴木則久 ; 中島玲二 ; 米澤明憲/p13~24
          • 第2章 ソフトウェアの知的開発環境/p25~25
          • ソフトウェアの仕様/p26~26
          • 要求仕様記述とその検証 / 阿草清滋/p27~33
          • 情報の構造と自然言語よる仕様記述 / 榎本肇 ; 米崎直樹 ; 佐伯元司/p34~43
          • HISPによる階層的仕様記述 / 二木厚吉 ; 岡田康治/p44~54
          • プログラムの方法論/p56~56
          • ストリームを使ったプログラミング / 中田育男 ; 佐々政孝/p57~71
          • 条件駆動型プログラム / 渡辺勝正/p72~80
          • 部分計算によるプログラムの生産自動化 / 二村良彦/p81~91
          • プロゲラミンゲ・システム/p92~92
          • イオタ・システムにおけるプログラム開発支援環境 / 湯浅太一/p93~103
          • 直構文型汎システム〓構文解析生成システム+属性文法 / 大蒔和仁 ; 鳥居宏次/p104~119
          • 第3章 非フォンノイマンをめざして/p121~121
          • 関数型プログラミング/p122~122
          • 階層的関数型プログラミング / 片山卓也/p123~132
          • ZF-記法で表わされる集合の要素を生成するプログラムの合成--集合記法からプログラムへの変換 / 米澤明憲/p133~139
          • 関数型言語とデータフローマシン / 雨宮真人/p140~152
          • 論理型プログラミング/p153~153
          • 論理型プログラミングと知識情報処理 / 古川康一/p154~156
          • 論理プログラミングの混沌の中 / 萩谷昌己/p157~164
          • オブジェクト指向プログラミング/p165~165
          • ソフトウェア設計おけるプロトタイピング / 伊藤潔 ; 田畑孝一/p166~179
          • オブジェクト・オリエンティッド言語「菊」によるプログラミングの経験 / 鈴木則久 ; 寺田実 ; 小方一郎/p180~185
          • 第4章 分散処理・並行処理のためのソフトウェア/p187~187
          • 並行処理/p188~188
          • Concurrent LISP / 田畑孝一 ; 伊藤潔 ; 杉本重雄/p189~204
          • 分散型システム用言語Concurrent C / 辻野嘉宏 ; 都倉信樹/p205~214
          • ネットワークのソフトウェア/p215~215
          • 分散処理システムとソフトウェアの設計 / 野口正一 ; 白鳥則郎/p216~224
          • コンピュータ・ネットワークの構成とそのソフトウェア / 池田克夫/p225~233
          • 第5章 プログラミングからの解放/p235~235
          • プログラミングは必要悪か? / 一松信/p236~239
          • 知識工学とプログラミング / 大須賀節雄/p240~254
          • エキスパート・システムの工学への応用 / 清水徹 ; 坂村健 ; 前川守/p255~265
          • 知的インタフェース / 田中穂積/p266~273
          • 簡易言語の現状と未来 / 望月宏/p274~281
        • 16(7)(207) [76]
        • 16(8)(208) [81]
        • 16(9)(209) [71]
        • 16(10)(210) [86]
        • 16(11)(211) [87]
        • 16(12)(212) [82]
        • 16(13)(213) [76]
      • 1985 (15)
      • 1986 (17)
      • 1987 (17)
      • 1988 (15)
      • 1989 (16)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299484/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(NDL-OPACへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)