国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

目次・巻号

  • Bit
    • 1960~1969 (10)
    • 1970~1979 (135)
    • 1980~1989 (151)
      • 1980 (15)
      • 1981 (15)
      • 1982 (15)
      • 1983 (13)
      • 1984 (13)
      • 1985 (15)
      • 1986 (17)
      • 1987 (17)
        • 19(1)(239) [75]
        • 19(2)(240) [79]
        • 19(3)(241) [93]
        • (3別冊) [147]
        • 19(4)(242) [91]
        • 19(5)(243) [85]
        • 19(6)(244) [178]
          • Aセッション ソフトウェア開発環境 / 斎藤信男 ; 岸田孝一 ; 近藤一成 ; 高野豊 ; 藤林信也/p8~27
          • Bセッション ネットワークと分散環境 / 佐原伸 ; 河田亨 ; 高山信毅 ; 滝沢誠 ; 多田好克 ; 村井純 ; 手塚宏史/p28~48
          • Cセッション オフィスとUNIX / 長谷部紀元 ; 大野俊治 ; Edgar Cooke ; 坂本文 ; 近藤直文/p49~64
          • Dセッション ハッカーたちのBOF / 深瀬弘恭 ; 手塚宏史 ; 酒匂寛 ; 工藤丈彦 ; 加藤朗 ; 橘浩志/p65~81
          • Eセッション UNIXの将来 / 石田晴久 ; 門田次郎 ; 平塚芳隆 ; 孫正義 ; 坂村健 ; 斎藤信男/p82~95
          • UNIXカーネル / 筏井幸夫/p98~105
          • バークレイ版4.3BSD / 深瀬弘恭/p106~112
          • システムVリリース3.0 / 安次富伸浩/p113~117
          • 標準シェル,Cシェル,その他のシェル / 坂本文/p118~123
          • Kシェル / 小募博道 ; 入貝由美子/p124~126
          • ニューCシェル / 橘浩志/p127~129
          • UNIXの日本語機能と日本語対応Cコンパイラ / 石田晴久/p132~138
          • UNIX漢字エディタ / 小川貴英/p139~143
          • 日本語用Franz Lisp / 杉田研治/p144~152
          • Common Lisp とCommonLoops / 井田昌之 ; 清水謙多郎/p153~159
          • cにオブジェクト指向を取り入れた言語C++とObjective-C / 根本敬 ; 坂本文/p160~167
          • その他の言語 / 斎藤信男/p168~175
          • UNIXとマッキントッシュ / 有座道春/p176~182
          • BlitとWIPとU-Windows / 下村正洋 ; 三橋薫 ; 坂本文/p184~190
          • X-windowシステム / 奥津正義/p191~195
          • Andrew / 斎藤信男 ; 北川和裕/p196~199
          • 囲み記事:Andrewシステムの近況 / 徳田英幸/p200~206
          • ditroff / 筏井幸夫/p208~213
          • TEX on UNIX / 大野陵治/p214~219
          • Scribe / 徳田英幸 ; 斉藤博昭/p220~229
          • 文書出力用言語PostScriptとそのインタプリタ / 石田晴久/p230~236
          • interleafの世界 / 西岡和比古/p237~252
          • 日本語処理-コードとワープロソフト / 鈴木幸市 ; 今福幸春/p253~263
          • 分散ファイルシステム / 村井純/p266~273
          • メイル機能 / 竹内章平/p274~280
          • ニュースシステム / 加藤朗/p281~291
          • インターネットワーク / 浅見徹/p292~303
          • 利用者登録管理システム / 清水謙多郎/p306~311
          • 国際間の電子メイルの運用 / 松方純/p312~314
          • InetClubの発足とその趣旨 / 浅見徹/p315~318
          • UNIX用ソフトウェア一覧 / 並木藤子/p321~325
          • UNIXワークステーション一覧 / 並木藤子/p326~331
        • 19(7)(245) [81]
        • 19(8)(246) [79]
        • (7別冊) [184]
        • 19(9)(247) [81]
        • 19(10)(248) [76]
        • (9別冊) [144]
        • 19(11)(249) [92]
        • 19(12)(250) [79]
        • 19(13)(251) [125]
        • 19(14)(252) [80]
      • 1988 (15)
      • 1989 (16)
    • 1990~1999 (162)
    • 2000~2009 (16)

Bitの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3299530/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(NDL-OPACへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。