国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

The Youth's companion. 10(1)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • The Youth's companion
    • 1940~1949 (33)
    • 1950~1959 (120)
      • 1950 (12)
      • 1951 (12)
      • 1952 (12)
      • 1953 (12)
      • 1954 (12)
      • 1955 (12)
        • 9(10) [83]
        • 9(11) [78]
        • 9(12) [81]
        • 10(1) [79]
          • グラビア In Memory of Shakespeare・日本英学史アルバム / 早大演博 ; 柴山格太郎/p1~4
          • 英文随想 To Japanese Students of English 「日本の英学生諸君に」 / J.G.Mills ; 西崎一郎/p6~9
          • 日米留学生交歓座談会 語学をたのしむ / 尾関まさ ; 安倍勇 ; E.Seidensticker ; V.H.Viellelmo ; C.Terry/p10~17
          • 教養のために/p38~41,44~57
          • 外人の見た明治時代の留学生 / 加藤正男/p38~41
          • WaterlooとPeterloo・新しい文学史 / 海老池俊治/p44~47
          • 井上十吉と英語辞典・日本英学史 / 柴山格太郎/p48~49
          • シェイクスピアの生涯とその作品 / 島田謹二/p50~53
          • 名作紹介 E.M.Forster:A Passage to India 「印度への道」 / 田中西二郎/p54~57
          • 英詩鑑賞 E.A.Robinsonの詩:Miniuer Cheeuy 「ミニヴァ・チーヴィ」 / 福田陸太郎/p67~69
          • 学習講座/p18~35,88~96
          • 〈英文和駅〉文の種類 / 土方辰三/p18~21
          • 〈和文英訳〉日英語表現の相違 / 沢崎九二三/p22~25
          • 〈英文法〉数の呼応 / 伊田友作/p26~29
          • Idiom中心の和文英訳演習 / 鳥居次好/p30~31
          • 英文の解釈と鑑賞――D.Garnettの文 / 上田勤/p32~35,88~88
          • 高校リーダーの要点と活用 / 中山常雄 ; 大伴峻/p89~96
          • 英文ルポ カラカス道中記 / J.B.Harris/p58~61
          • 英詩物語 らい病になったヘンリー王子 / D.G.Rossetti ; 本誌編集課/p62~66
          • 対訳 ベヴィスといかだ / Richard Jefferies ; 上田保/p70~75
          • 訳注 人生と文学 / Lafcadio Hearn ; 荒川龍彦/p76~76,77~81
          • シナリオ Desiree 「デジレ」 / 20世紀フォックス ; 豊原国夫/p84~88
          • 30年度大学入試英語問題研究・同志社大 / 本誌編集課/p97~100
          • The Y.C.TIMES 時事英語/p117~121
          • 英語こぼれ話 / 山田和男/p36~37
          • アメリカ風物誌 / 鍋島能弘/p42~43
          • ことばの泉 / 小川芳男/p82~83
          • (二色刷)誌上添削教室 / 佐野英一 ; J.B.Harris/p101~116
          • 重要単語の総まとめ / 本誌編集課/p123~126
          • QUIZ‐ROOM/p122~122
          • Y.C.ペンパルズ/p128~129
          • 英語よろず承り所/p130~132
          • A・HA・HAの頁/p134~134
          • 読者の頁/p135~138
          • 懸賞問題・解答と研究・成績発表 / 今西基茂 ; 小栗敬三/p141~147
          • 編集後記 / 加能 ; 旺文社調查係/p148~148
        • 10(2) [78]
        • 10(3) [77]
        • 10(4) [73]
        • 10(5) [76]
        • 10(6) [77]
        • 10(7) [74]
        • 10(8) [76]
        • 10(9) [78]
      • 1956 (12)
      • 1957 (12)
      • 1958 (12)
      • 1959 (12)
    • 1960~1969 (63)

The Youth's companionの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3542803/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。