国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

国文学 : 解釈と鑑賞. 27(10)(324)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 国文学 : 解釈と鑑賞
    • 1930~1939 (43)
    • 1940~1949 (112)
    • 1950~1959 (122)
    • 1960~1969 (143)
      • 1960 (14)
      • 1961 (15)
      • 1962 (14)
        • 27(1)(315) [114]
        • 27(2)(316) [106]
        • 27(3)(317) [113]
        • 27(4)(318) [121]
        • 27(5)(319) [125]
        • 27(6)(320) [117]
        • 27(7)(321) [89]
        • 27(8)(322) [118]
        • 27(9)(323) [100]
        • 27(10)(324) [113]
          • 特集 現代女流作家の秘密 //p9~94,96~110,112~125
          • 女流作家と近代日本文学 / 福田 清人/p10~15
          • 女流作家ということ--東西女流作家の今昔 / 野島 秀勝/p16~19
          • 近代日本女流文学史 //p20~33
          • 明治の女流作家--近代日本女流文学史 / 瀬沼 茂樹/p20~24
          • 大正の女流作家--近代日本女流文学史 / 高田 瑞穂/p25~28
          • 昭和の女流作家--近代日本女流文学史 / 板垣 直子/p29~33
          • 女流作家であることの意味と限界 //p34~81,83~94
          • 樋口一葉--『複雑な容相』の若い一葉 / 北畠 八穂/34~38
          • 与謝野晶子 / 長谷川 泉/p58~63
          • 岡本かの子 / 田中 保隆/p38~43
          • 林芙美子 / 福田 宏年/p43~48
          • 平林たい子--女流であることに限界はない / 進藤 純孝/p48~52
          • 壺井栄 / 小松 伸六/p52~58
          • 野上弥生子--その特質 / 平田 次三郎/63~67
          • 円地文子 / 板垣 直子/p68~73
          • 有吉佐和子 / 佐古 純一郎/p73~77
          • 曽野綾子--一つの側面としてのニヒリズム / 日沼 倫太郎/p77~81,94~94
          • 女流歌人 / 高尾 亮一/p83~85
          • 女流俳人であること / 楠本 憲吉/p85~89
          • 詩における女性の声 / 木原 孝一/p89~91
          • 女流劇作家 / 原 千代海/p92~94
          • 女流作家になる条件 / 瀬戸内 晴美/p96~99
          • 一、女であること / 瀬戸内晴美/p96~96
          • 二、男性的であること / 瀬戸内晴美/p96~97
          • 三、美人でありすぎぬこと / 瀬戸内晴美/p97~97
          • 四、天賦の才能あること / 瀬戸内晴美/p97~97
          • 五、うぬぼれ心の強いこと / 瀬戸内晴美/p97~98
          • 六、嫉妬心の強いこと / 瀬戸内晴美/p98~98
          • 七、悪妻となる要素を持つていること / 瀬戸内晴美/p98~98
          • 八、ストリップする度胸のあること / 瀬戸内晴美/p98~98
          • 九、恒産を持つこと / 瀬戸内晴美/p98~99
          • 十、孤独に堪える精神の持主であること / 瀬戸内晴美/p99~99
          • 女でなければ描けない世界 / 村松 定孝/p100~110
          • 女性は生理的に思考する / 村松定孝/p100~101
          • 美登利の中に生きる一葉 / 村松定孝/p101~103
          • 「真知子」に見る弥生子の動揺 / 村松定孝/p103~107
          • 女性残酷物語 / 村松定孝/p107~110
          • 現代女流作家を語る(座談会) / 吉田 精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p112~125
          • 東西の女流作家 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p112~114
          • 平安朝の女流文学 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p114~115
          • 宮廷文学としての共通性 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p115~116
          • 短歌・俳句と女流作家 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p116~117
          • 近代の女流作家 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p117~118
          • 女流作家たる条件 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p118~119
          • 家庭生活と創作 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p119~120
          • 女流文学の思想と感覚 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p120~121
          • 作家は中性的か / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p121~121
          • 女性作家とエロチシズム / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p122~123
          • 戦後の女流作家 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p123~124
          • 女性作家の描く男性 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p124~124
          • 女性描写の巧みな作家 / 吉田精一 ; 中村真一郎 ; 円地文子 ; 瀬戸内晴美/p124~125
          • 女流文学研究にはどんなテーマがあるか――卒業論文を書く人々のために / 長谷川泉/p82~82
          • カラー・セクション 古書に関する十二章――(六)古書の掘り出しものについて / 吉田精一/p199~199
          • カラー・セクション 加美津考――(三)『万葉集』開巻第一の歌をめぐつて / 益田勝実/p200~201
          • カラー・セクション 学者評判記――(四十七)祐田善雄の巻 / 長野甞一/p202~203
          • カラー・セクション 精神分析医ノート――(五)遠藤周作論 / 植村浩/p206~208
          • 解釈と鑑賞 橋姫――(十五)源氏物語注釈九十一 / 佐伯梅友/p126~131
          • 解釈と鑑賞 和泉式部日記注釈――(二十六)霜がれのころ / 円地文子 ; 鈴木一雄/p132~138
          • 解釈と鑑賞 蜻蛉日記注解――(五)たのもしき人陸奥国へ / 秋山虔 ; 上村悦子 ; 木村正中/p139~146,154~154
          • 解釈と鑑賞 清経――(一)熊本の注解一 / 小山弘志/p147~154
          • 解釈と鑑賞 田中冬二―現代詩鑑賞――(四)晩春薄暮 / 村野四郎/p155~159
          • 木下杢太郎(1)--評論の系譜-5- / 吉田 精一/p160~167
          • 文法(2)--コンポジション-19- / 森岡 健二/p168~181
          • 学界展望 / 賀古 明/p182~184,185~192
          • 上代 / 賀古明/p182~183
          • 近世 / 佐藤彰/p183~184,185~186
          • 近代 / 保昌正夫/p187~189
          • 国語--学界展望 / 山内 育男/p189~192
          • 新刊レーダー――内容・見処・使い処・今日的価値 //p204~205
          • 今昔物語集成立考――国東文麿著 / 長野甞一/p204~205
          • 仮名草子集下日本古典全書――野田寿雄校注 / 杉本つとむ/p204~205
          • 国語学習指導の方法と技術――所要時間・目標・指導の方法・指導の技術・改訂指導要領との落差・受験との関係 //p193~198,192~192
          • 随筆 松平定信「花月草紙」(古典) / 宮崎健三/p193~195
          • 随想 モンテーニュ「うそつきについて」(現代) / 大矢武師/p196~198,192~192
        • 27(11)(325) [134]
        • 27(12)(326) [117]
        • 27(13)(327) [112]
        • 27(14)(328) [101]
      • 1963 (15)
      • 1964 (14)
      • 1965 (15)
      • 1966 (15)
      • 1967 (13)
      • 1968 (14)
      • 1969 (14)
    • 1970~1979 (145)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (133)
    • 2000~2009 (12)

国文学 : 解釈と鑑賞の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3550275/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。