国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

国文学 : 解釈と鑑賞. 29(7)(350)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 国文学 : 解釈と鑑賞
    • 1930~1939 (43)
    • 1940~1949 (112)
    • 1950~1959 (122)
    • 1960~1969 (143)
      • 1960 (14)
      • 1961 (15)
      • 1962 (14)
      • 1963 (15)
      • 1964 (14)
        • 29(1)(344) [137]
        • 29(2)(345) [121]
        • 29(3)(346) [119]
        • 29(4)(347) [121]
        • 29(5)(348) [117]
        • 29(6)(349) [114]
        • 29(7)(350) [142]
          • 話すことの機能と心理 / 堀川//直義/9~17
          • 「話すこと」の生産的機能 / 堀川直義/p9~10
          • 伝達的機能の拡大 / 堀川直義/p10~12
          • 社会行動としての「話すこと」 / 堀川直義/p12~14
          • 「話すこと」の日常的機能 / 堀川直義/p14~15
          • 「話すこと」の創造的機能 / 堀川直義/p15~17
          • 聞くことの機能と心理 / 寺西//立年/p18~24
          • 「聞くこと」の意義 / 寺西立年/p18~19
          • 「聞くこと」の特長 / 寺西立年/p19~20
          • 「聞くこと」の機能 / 寺西立年/p20~24
          • 話しことばの論理 / 沢田//允茂/p25~34
          • 音韻と音声 / 金田一//春彦/35~51
          • 音声とその種類 / 金田一春彦/p35~37
          • 言語音の本質 / 金田一春彦/p37~40
          • 音韻は言語音の中核 / 金田一春彦/p40~43
          • 音韻に変化を与える要因の種々 / 金田一春彦/p44~47
          • 音の構造 / 金田一春彦/p47~51
          • ことばと脳 / 時実//利彦/p52~58
          • 音としてみた声 / 伊達//玄/p59~71
          • はじめに / 伊達玄/p59~60
          • 音響学的な知見 / 伊達玄/p60~68
          • 情報処理系の研究の一部としての音声の研究 / 伊達玄/p68~71
          • 生理的にみた発声と発音 / 吉沢//典男/p72~88
          • はじめに / 吉沢典男/p72~73
          • 声の機振のあらまし / 吉沢典男/p73~73
          • 発声時の呼吸運動 / 吉沢典男/p73~77
          • 声帯の振動のメカニズム / 吉沢典男/p77~82
          • 共鳴管腔について / 吉沢典男/p82~83
          • 調音のメカニズム / 吉沢典男/p83~88
          • 声のしつけと直し方の基本 / 米山//文明/p89~100
          • はじめに / 米山文明/p89~89
          • 基礎的な事項 / 米山文明/p89~91
          • 声の病気 / 米山文明/p91~97
          • 声の衛生と病気の予防 / 米山文明/p97~99
          • おわりに / 米山文明/p100~100
          • ことばの障害と直し方の基本 / 田口//恒夫/p101~114
          • はじめに / 田口恒夫/p101~101
          • 言語障害とは / 田口恒夫/p101~102
          • 言語障害の種類 / 田口恒夫/p102~102
          • 言語障害者の数 / 田口恒夫/p102~103
          • 言語障害者の悩み / 田口恒夫/p103~104
          • 言語障害者対策 / 田口恒夫/p104~105
          • 言語病理学 / 田口恒夫/p105~106
          • 言語障害の原因 / 田口恒夫/p106~106
          • 言語障害の診断 / 田口恒夫/p106~107
          • 言語障害の治療 / 田口恒夫/p107~107
          • ことばの発達 / 田口恒夫/p107~108
          • ことばの発達のおくれ / 田口恒夫/p108~108
          • 発音の異常 / 田口恒夫/p108~109
          • どもり / 田口恒夫/p109~109
          • 子どものどもり / 田口恒夫/p109~110
          • おとなのどもり / 田口恒夫/p110~110
          • 声の異常 / 田口恒夫/p111~111
          • 口蓋裂(こうがいれつ) / 田口恒夫/p111~111
          • 脳性麻痺 / 田口恒夫/p111~112
          • 難聴 / 田口恒夫/p112~112
          • ろう / 田口恒夫/p112~113
          • 失語症 / 田口恒夫/p113~113
          • あとがき / 田口恒夫/p113~114
          • リスナビリティー(聞き易さ) / 大石//初太郎/p115~126
          • リスナビリティーとはなにか / 大石初太郎/p115~116
          • リスナビリティーに関する研究・調査 / 大石初太郎/p116~119
          • わかりやすい話し方のために / 大石初太郎/p119~126
          • ことばの外のもの / 大石初太郎/p126~126
          • 聞き手の分析 / 平井//昌夫/p127~137
          • 聴衆とは何でしょうか / 平井昌夫/p128~130
          • 話し手と聴衆はどんな関係にあるでしょうか / 平井昌夫/p130~134
          • 聴衆の型にはどんなものがあるでしょうか / 平井昌夫/p134~137
          • 話しことばと書きことばの違い / 宇野//義方/p138~146
          • 話しことばの発達過程 / 小林//さえ子/p147~159
          • はじめに / 小林さえ子/p147~148
          • 話しことばの発達段階 / 小林さえ子/p148~151
          • 語彙の発達 / 小林さえ子/p151~152
          • 発音の発達 / 小林さえ子/p152~154
          • 文の発達 / 小林さえ子/p154~155
          • ことばの誤り / 小林さえ子/p155~156
          • 話しことばと社会性の発達 / 小林さえ子/p156~158
          • ことばの発達と環境 / 小林さえ子/p158~159
          • 話しことばの調査のし方 / 徳川//宗賢/p160~172
          • はじめに / 徳川宗賢/p160~161
          • 問題の設定 / 徳川宗賢/p161~163
          • 計画と準備 / 徳川宗賢/p163~166
          • 資料の集収 / 徳川宗賢/p166~171
          • 整理分析と発表 / 徳川宗賢/p171~172
          • おわりに / 徳川宗賢/p172~172
          • 話しことばを研究調査する機械 / 梅田//規子/p173~184
          • はじめに / 梅田規子/p173~174
          • 発音の原理 / 梅田規子/p174~176
          • 音声機械について / 梅田規子/p176~176
          • テープレコーダー / 梅田規子/p176~177
          • 音声を分析するのに必要なもの / 梅田規子/p177~180
          • 音声の合成に必要な機械 / 梅田規子/p180~182
          • 分析と合成の中間――ボコーダ / 梅田規子/p182~183
          • 電子計算機 / 梅田規子/p183~183
          • その他の機械 / 梅田規子/p183~183
          • おわりに / 梅田規子/p183~184
          • 話しことば教育のカリキュラム / 上甲//幹一/p185~195
          • 話しことば研修の実際 / 松野//善弘/p196~208
          • はじめに / 松野善弘/p196~196
          • ことばはよく通じるか / 松野善弘/p196~198
          • 放送とは / 松野善弘/p198~199
          • アナウンサーのことば / 松野善弘/p199~199
          • 聞いてよく分かる話しことばの要件 / 松野善弘/p199~205
          • 敬語の混乱 / 松野善弘/p205~206
          • 使わないようにしていることば / 松野善弘/p206~207
          • 外来語で間違いやすいもの / 松野善弘/p207~208
          • 話しことば教育の将来--一般意味論の観点より / 斉藤//美津子/p209~220
          • はじめに / 斎藤美津子/p209~210
          • 話しことば教育への反省 / 斎藤美津子/p210~216
          • 話しことば教育の将来 / 斎藤美津子/p216~220
          • 話しことばをめぐるいろいろの問題 / 平井//昌夫/p221~234
          • 話しことばの軽視 / 平井昌夫/p221~222
          • 話しことばと書きことばではどちらが基礎か / 平井昌夫/p222~224
          • 話すことの機能 / 平井昌夫/p224~226
          • 話しコトバと話す事 / 平井昌夫/p226~229
          • 自然な話し方と社会的な話し方 / 平井昌夫/p229~231
          • これからの話しコトバ / 平井昌夫/p231~234
          • 付録/p235~273
          • 終戦後話しことば文献目録 / 飯豊//毅一/235~249
          • 話しことば研究資料 / 飯豊//毅一/p250~267
          • 世界のラジオ・テレビの普及状態 / 飯豊毅一/p250~251
          • 日本のラジオ・テレビの普及状況 / 飯豊毅一/p251~251
          • ラジオを聞かぬ人 / 飯豊毅一/p251~251
          • ラジオ聴取習慣とテレビ聴視習慣 / 飯豊毅一/p252~252
          • 季節別ラジオ・テレビ聴取時間 / 飯豊毅一/p253~253
          • 日本人の余暇の過し方 / 飯豊毅一/p253~253
          • 語中・語尾ガ行音――東京語 / 飯豊毅一/p253~253
          • 標準語(話しことば)の基準 / 飯豊毅一/p253~253
          • 話しことばの文の長さ / 飯豊毅一/p254~254
          • 話しことばの文節の長さ / 飯豊毅一/p255~255
          • 話しことばの文の構造 / 飯豊毅一/p255~255
          • 話しことばの文の成分の比率 / 飯豊毅一/p256~256
          • 話しことばの文構造の特徴 / 飯豊毅一/p256~256
          • 話しことばの主語の構造 / 飯豊毅一/p256~256
          • 話しことばと文末助詞 / 飯豊毅一/p256~256
          • 話しことばの品詞の使用率 / 飯豊毅一/p256~257
          • 話しことばのイントネーション / 飯豊毅一/p257~257
          • イントネーションと表現意図 / 飯豊毅一/p257~257
          • 話しことばの文の表現意図 / 飯豊毅一/p258~258
          • 一日どれだけ言葉を使うか / 飯豊毅一/p259~259
          • 話しことばの文の長さ――職業別 / 飯豊毅一/p259~260
          • ひじょうによく使われることばの性質 / 飯豊毅一/p260~260
          • よく使われることばの占める割合 / 飯豊毅一/p260~260
          • どんなことばをよく使うか / 飯豊毅一/p261~267
          • 方言区画図・ひまごの方言分布図・アクセント分布図・音韻の出し方口形図・可聴限界 パトログラム個人別台帳の例 / 東条操古稀記念会編日本方言地図 ; 国立国語研究所年報12 ; 金田一春彦 ; 明解日本語アクセント辞典 ; 大西雅雄 ; 国語音声教本 ; パラトグラムによる日本語調音の生理学的研究 ; 荒井賢一/p268~271
          • 執筆者紹介/p272~273
        • 29(8)(351) [129]
        • 29(9)(352) [141]
        • 29(10)(353) [133]
        • 29(11)(354) [106]
        • 29(12)(355) [130]
        • 29(13)(356) [123]
        • 29(14)(357) [101]
      • 1965 (15)
      • 1966 (15)
      • 1967 (13)
      • 1968 (14)
      • 1969 (14)
    • 1970~1979 (145)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (133)
    • 2000~2009 (12)

国文学 : 解釈と鑑賞の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3550301/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。