国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

国文学 : 解釈と鑑賞. 30(9)(366)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 国文学 : 解釈と鑑賞
    • 1930~1939 (43)
    • 1940~1949 (112)
    • 1950~1959 (122)
    • 1960~1969 (143)
      • 1960 (14)
      • 1961 (15)
      • 1962 (14)
      • 1963 (15)
      • 1964 (14)
      • 1965 (15)
        • 30(1)(358) [125]
        • 30(2)(359) [121]
        • 30(3)(360) [130]
        • 30(4)(361) [123]
        • 30(5)(362) [173]
        • 30(6)(363) [125]
        • 30(7)(364) [122]
        • 30(8)(365) [125]
        • 30(9)(366) [151]
          • 特集・現代・話し方の科学/p9~296
          • ことばのメモ テンポ・抑揚・間・明明暸度 / 新アナウンス読本/p46~46
          • ことばのメモ 発音の学習と指導 / 上田幹一 ; 話しかたの技術/p108~108
          • ことばのメモ ほめコトバ / あなたのハナシ/p125~125
          • ことばのメモ 声の異常の取り扱い方 / 平井昌夫/p134~134
          • ことばのメモ 面接に必要な八つの要素 / 堀川直義 ; 「面接」いかに面接するか/p142~142
          • ことばのメモ 言語の異常 / 平井昌夫/p172~172
          • ことばのメモ 討議と討論 / 「読書会の手帳」「家の光協会」版/p224~224
          • ことばのメモ 音声表記 / 平井昌夫/p245~245
          • ことばのメモ 言葉のメロディーとリズム / 「アナウンサーの技術」フジテレビアナウンサー室版/p256~256
          • ことばのメモ 敬語を正しく使う / 警察官の話し方/p268~268
          • ことばのメモ 句読・個性 / 新アナウンス読本/p293~293
          • ことばのメモ 学習指導要項抜粋――聞くこと・話すこと/p294~296
          • 話し方への招待/p9~46
          • 話し方を身につけることの意義 / 堀川//直義/p11~19
          • 「身につける」ということの意義 / 堀川直義/p11~12
          • コミュニケーションのバランス / 堀川直義/p12~13
          • 閉鎖的社会からの解放 / 堀川直義/p14~15
          • 民主主義社会の維持と発展 / 堀川直義/p16~17
          • 説得力を高める意義 / 堀川直義/p17~18
          • 処世上に役立てる / 堀川直義/p18~19
          • 話し方の意義の三つのレベル / 堀川直義/p19~19
          • 話し方と人間関係の改善 / 江川//ひろし/p20~28
          • 話しの組み立て方 / 宇野//義方/p29~37
          • 組み立ての意味 / 宇野義方/p29~32
          • 組み立て方 / 宇野義方/p32~36
          • 組み立ての問題 / 宇野義方/p36~37
          • 話しことばの組み立てと用語の選び方 / 大石//初太郎/p38~46
          • 前おき / 大石初太郎/p38~38
          • 四つの例についての概観 / 大石初太郎/p38~40
          • 話しの組み立てについて / 大石初太郎/p40~42
          • 文の組み立てについて / 大石初太郎/p42~45
          • 用語について / 大石初太郎/p45~46
          • 話しことばの基礎作り/p47~96
          • 発声の練習 / 吉沢//典男/p49~53
          • 立った姿勢で行なう呼吸練習 / 吉沢典男/p50~52
          • 臥位で行なう呼吸練習 / 吉沢典男/p52~53
          • 標準発音の練習 / 小林//利光/p54~64
          • 発音(調音)要領の知識 / 小林利光/p54~57
          • 発音練習の実際 / 小林利光/p57~64
          • 音韻・アクセントの調査・記述の方法 / 馬瀬//良雄/p65~78
          • 音韻 / 馬瀬良雄/p65~73
          • アクセント / 馬瀬良雄/p73~78
          • 終わりに / 馬瀬良雄/p78~78
          • 聞くこと--その機能と練習 / 飯豊//毅一/p79~86
          • 聞くことの意義 / 飯豊毅一/p79~81
          • 聞くことの目的 / 飯豊毅一/p81~83
          • 聞く機能 / 飯豊毅一/p83~85
          • 聞き方とその練習 / 飯豊毅一/p85~86
          • 方言の直し方 / 蓑手//重則/p87~96
          • 共通語と方言 / 蓑手重則/p87~87
          • 方言の多様性 / 蓑手重則/p88~88
          • 方言矯正指導の意義 / 蓑手重則/p88~89
          • 方言矯正指導の目標 / 蓑手重則/p89~90
          • 方言矯正指導の内容 / 蓑手重則/p90~91
          • 方言矯正指導の機会 / 蓑手重則/p91~93
          • 方言矯正指導の方法 / 蓑手重則/p93~96
          • 方言矯正指導上の留意点 / 蓑手重則/p96~96
          • 話し方の基本/p97~141
          • 説明のしかた / 中村//裕子/p99~108
          • 説明とは / 中村裕子/p99~99
          • 説明の特色 / 中村裕子/p99~100
          • 説明が用いられる場面 / 中村裕子/p100~100
          • 説明の目的 / 中村裕子/p100~100
          • 説明の準備 / 中村裕子/p100~102
          • 説明の効果をあげるために / 中村裕子/p102~104
          • 説明の手段 / 中村裕子/p104~104
          • 説明のすすめかた / 中村裕子/p104~105
          • 生徒(児童)に説明させるときは / 中村裕子/p105~107
          • 説明することのむずかしさ / 中村裕子/p107~108
          • 報告のしかた / 長田//和雄/p109~116
          • 報告の機会とその必要性 / 長田和雄/p109~110
          • 報告の性格 / 長田和雄/p110~110
          • 報告のしかた / 長田和雄/p110~115
          • 論証のしかた / 望月//久貴/p117~125
          • 論証とはどんなことか / 望月久貴/p117~118
          • どんな形式や種類があるか / 望月久貴/p118~119
          • どんな話型があるか / 望月久貴/p119~123
          • 論証の話法のために / 望月久貴/p123~125
          • 説得のしかた / 林//巨樹/p126~134
          • ブルータスとアントニー / 林巨樹/p126~128
          • 説得・主張の特質 / 林巨樹/p128~130
          • 人を動かす条件 / 林巨樹/p130~132
          • 語りかけの方法 / 林巨樹/p132~134
          • 指令のしかた / 石川//淳二/p135~141
          • 指令が下されるプロセス / 石川淳二/p135~137
          • 指令のための話し方 / 石川淳二/p137~141
          • 話し手の必須知識/p143~171
          • 聴衆のつかみ方 / 諸星//竜/p145~153
          • 相手は生きもの / 諸星龍/p145~146
          • 聴衆反応 / 諸星龍/p146~146
          • 聴衆分析のポイント / 諸星龍/p146~147
          • 聴衆の人数についての注意 / 諸星龍/p147~148
          • 聴衆の年齢や性別についての注意 / 諸星龍/p148~148
          • 聴衆の身体状況についての注意 / 諸星龍/p148~148
          • 会場についての注意 / 諸星龍/p148~149
          • 会合の目的やプログラムについての注意 / 諸星龍/p149~149
          • 話し手の身体的状況についての注意 / 諸星龍/p149~149
          • 聴衆の特徴についての注意 / 諸星龍/p149~150
          • 場面と話し手の役割についての注意 / 諸星龍/p150~151
          • 聞き手のタイプ / 諸星龍/p151~152
          • 聴衆の方向づけ / 諸星龍/p152~153
          • 話の場面へのなれ方 / 大矢木//営市/p154~162
          • あがる場面の種類 / 大八木栄市/p154~156
          • あがっているときの状態と原因 / 大八木栄市/p156~159
          • あがることの対策 / 大八木栄市/p159~162
          • 話しの進行をさまたげる悪条件 / 平井//昌夫/p163~171
          • 日時や場所の悪条件が話しを妨害します / 平井昌夫/p163~167
          • 聞き手が話しを妨害します / 平井昌夫/p167~171
          • 専門的な話し方/p173~223
          • 面接のしかた / 大橋//富貴子/p175~184
          • 面接の定義 / 大橋富貴子/p175~176
          • 面接をする場合と面接を受ける場合 / 大橋富貴子/p177~178
          • 面接の心理と心構え / 大橋富貴子/p178~179
          • 面接の進め方とことばづかい / 大橋富貴子/p179~182
          • 面接の受け方と留意点 / 大橋富貴子/p182~183
          • 面接のしかたに強くなる法 / 大橋富貴子/p184~184
          • 接遇の話し方 / 足立//恵美子/p185~195
          • まえがき / 足立恵美子/p185~187
          • 電話の応待の話し方 / 足立恵美子/p188~192
          • 来客の応対の話し方 / 足立恵美子/p192~195
          • まとめ / 足立恵美子/p195~195
          • セールスマンの話術 / 吉岩//松男/p196~205
          • 購売心理と販売話法 / 吉岩松男/p196~197
          • 切り出し話法 / 吉岩松男/p197~200
          • 本論 / 吉岩松男/p200~201
          • 応酬話法 / 吉岩松男/p201~203
          • 締めくくり話法 / 吉岩松男/p203~205
          • テーブル・スピーチのしかた / 青木//一雄/p206~214
          • サービス精神反対 / 青木一雄/p206~207
          • 長談義にならぬよう / 青木一雄/p207~209
          • 話題について / 青木一雄/p209~213
          • ならぬはひとの / 青木一雄/p213~214
          • むすび / 青木一雄/p214~214
          • 放送の話し方 / 八木//治郎/p215~223
          • はじめに / 八木治郎/p215~216
          • 放送のさまざまな特質 / 八木治郎/p216~217
          • 放送の話し方の工夫 / 八木治郎/p217~223
          • 会議の技術/p225~256
          • 司会のしかた / 中島//国太郎/p227~235
          • 司会者を選ぶときの注意 / 中島国太郎/p228~228
          • 司会者の準備 / 中島国太郎/p228~229
          • 司会者の当日の心得 / 中島国太郎/p229~229
          • 司会をするときの基本的な注意 / 中島国太郎/p230~233
          • 司会の評価 / 中島国太郎/p233~234
          • 司会の指導 / 中島国太郎/p234~235
          • 話し合いの進め方 / 飛田//多喜雄/p236~245
          • 「話し合い」の意義 / 飛田多喜雄/p236~238
          • 「話し合い」の現状と盲点 / 飛田多喜雄/p238~240
          • 「話し合い」の特質 / 飛田多喜雄/p240~241
          • 「話し合い」の構造と留意点 / 飛田多喜雄/p241~243
          • 「話し合い」の効果的な進め方 / 飛田多喜雄/p243~245
          • 議事進行と会議の進め方 / 野口//音光/p246~256
          • 議事規則による会議 / 野口音光/p246~247
          • 会議の計画と準備 / 野口音光/p247~249
          • 会議の進行 / 野口音光/p249~256
          • 教室での話し方/p257~293
          • 教え方の方法 / 斎藤//嘉門/p259~268
          • 指導と話し方 / 斎藤喜門/p259~261
          • 態度はいかにあるべきか / 斎藤喜門/p261~264
          • 技能 / 斎藤喜門/p264~268
          • 発問と助言の方法 / 大村//浜/p269~274
          • 朗読指導の方法 / 上甲//幹一/p275~283
          • 戦後における朗読の定義 / 上甲幹一/p275~276
          • 朗読の二種類 / 上甲幹一/p276~278
          • 朗読の効用 / 上甲幹一/p278~279
          • 朗読指導の手順 / 上甲幹一/p279~281
          • 小中学生における戦後の朗読の傾向 / 上甲幹一/p281~282
          • 昭和三十年代後半における若い人々の朗読の傾向 / 上甲幹一/p282~282
          • 現在の伝達朗読および鑑賞朗読の専門家から学ぶべきもの / 上甲幹一/p282~283
          • 話し方の評価 / 野地//潤家/p284~293
          • 話し方評価の根本 / 野地潤家/p284~286
          • 戦前の「朗読」評価の一事例 / 野地潤家/p286~287
          • 自己評価の意義と方法 / 野地潤家/p287~290
          • 相互評価の問題 / 野地潤家/p290~291
          • 話し方評価のありよう / 野地潤家/p291~293
        • 30(10)(367) [109]
        • 30(11)(368) [97]
        • 30(12)(369) [101]
        • 30(13)(370) [139]
        • 30(14)(371) [89]
        • 30(15)(372) [97]
      • 1966 (15)
      • 1967 (13)
      • 1968 (14)
      • 1969 (14)
    • 1970~1979 (145)
    • 1980~1989 (129)
    • 1990~1999 (133)
    • 2000~2009 (12)

国文学 : 解釈と鑑賞の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3550317/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。