国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

新建築. 50(2)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 新建築
    • 1940~1949 (61)
    • 1950~1959 (125)
    • 1960~1969 (122)
    • 1970~1979 (127)
      • 1970 (13)
      • 1971 (11)
      • 1972 (12)
      • 1973 (12)
      • 1974 (13)
      • 1975 (12)
        • 50(1) [363]
        • 50(2) [341]
          • 住宅特集 建築家の自邸(1) 住宅 RM-NT 武藤章 //p155~164
          • 住宅特集 建築家の自邸(2) 2家族のコートハウス 関沢弘子 関沢勝一 //p165~171
          • 住宅特集 建築家の自邸(3) サロンのある家 赤崎尚信 //p172~177
          • 住宅特集 建築家の自邸(4) 北山・住宅 白沢宏規 //p178~182
          • 住宅特集 山中湖の家1974 吉村順三 //p183~192
          • 住宅特集 墨の家 伊丹潤建築設計研究所 //p193~198
          • 住宅特集 余白の家 伊丹潤建築設計研究所 //p199~204
          • 住宅特集 小武館 木島安史+YAS都市研究所 //p205~214
          • 住宅特集 天と地の家 美建.設計事務所 //p215~222
          • 住宅特集 藤平邸 アーキヴィジョン //p223~230
          • 住宅特集 伊豆山の家 佐久間別邸 内井昭蔵建築設計事務所 //p231~234
          • 住宅特集 壁の焦点 荒木正彦 //p235~239
          • 住宅特集 狭山の家 野口捷二 //p242~246
          • 住宅特集 茂原の家 村田靖夫建築研究室 //p247~250
          • 住宅特集 八ガ岳K山荘 小沢明 //p251~254
          • 住宅特集 壬子硯堂 須賀徳光 //p255~258
          • 住宅の彼岸と此岸 / 武藤章/p151~154
          • 作品解説 小武館 洋館変和館成 / 木島安史/p213~214
          • 作品解説 壁の焦点 生の意味の視覚化 / 荒木正彦/p240~241
          • コンペ応募要項 新建築住宅設計競技1975応募要項 / 磯崎新/p147~147
          • 近代の知の産物の呪縛からのがれよう〔新建築住宅設計競技1975課題"わがス-パ-スタ-たちのいえ"審査員として〕 / 磯崎新/p148~150
          • 編集者の眼 //p95~95
          • しんけんちく・にゅうす //p97~115
          • 建築風土記 福島県・郡山 //p117~119
          • 海外エコー //p121~121
          • 第10回セントラル硝子国際建築設計競技応募要項 / 丹下健三 ; 武基雄 ; 伊藤喜三郎 ; 池田武邦 ; 槇文彦 ; 岡田新一 ; 木島隆輔/p122~123
          • 海外ネットワーク / 湯沢正信 ; 山崎健一/p124~125,127~127
          • 第16回新建築海外視察団ヨーロッパ編募集要項 //p126~126
          • 空から見たフランス(LANDSCAPE ARCHITECTURE,1973年10月号より) / フランソワ カリ ; レイモン シュヴァリエ ; 樋口清/p131~134
          • 技術レポート ツーバイフォー工法 「狭山の家」の工法と構造 / 野口捷二 ; 瀬戸川明/p263~264
          • 月評 / 西沢文隆 ; 高橋靗一 ; 宮脇檀 ; 内藤廣/p265~267
          • プレハブノート オーストラリアの住宅の工業化(2) / 東方洋雄/p269~269
          • 書評 雪あかり日記/谷口吉郎著 民家との対話/大熊喜英著 / 渡辺武信 ; 加倉井昭夫/p271~271
          • とぴっくす 建報社企画室 //p274~275
          • 設計データ・シート //p279~281
          • 詳細図 住宅 RM-NT 天と地の家 狭山の家 //p282~284
        • 50(3) [343]
        • 50(4) [325]
        • 50(5) [331]
        • 50(6) [327]
        • 50(7) [357]
        • 50(8) [357]
        • 50(9) [375]
        • 50(10) [349]
        • 50(11) [329]
        • 50(12) [335]
      • 1976 (14)
      • 1977 (13)
      • 1978 (14)
      • 1979 (13)
    • 1980~1989 (128)
    • 1990~1999 (132)
    • 2000~2009 (14)

新建築の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7897928/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。