国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

歴史評論 = Historical journal. (356)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 歴史評論 = Historical journal
    • 1940~1949 (18)
    • 1950~1959 (94)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (126)
      • 1970 (13)
      • 1971 (13)
      • 1972 (14)
      • 1973 (13)
      • 1974 (12)
      • 1975 (13)
      • 1976 (12)
      • 1977 (12)
      • 1978 (12)
      • 1979 (12)
        • (345) [67]
        • (346) [60]
        • (347) [76]
        • (348) [60]
        • (349) [68]
        • (350) [91]
        • (351) [60]
        • (352) [63]
        • (353) [67]
        • (354) [59]
          • アナ-ル学派の成立基盤--フランス史学史におけるアンリ・ベルの位置 / 井上幸治/p2~15
          • 社会史における「集合心性」--G.ルウェ-ブルの所論によせて / 二宮宏之/p16~29
          • 西ドイツにおける「社会史」と伝統史学--ヴェ-ラ-「ドイツ帝国,一八七一-一九一八年」をめぐる論争の紹介 / 木谷勤/p30~44,29~29
          • 東ドイツ中世史学の課題--封建制論争と自由農民の評価について / 勝部裕/p45~60
          • ポ-ランドにおけるスパルタクス・シンポジウム / 土井正興/p61~67
          • フランス第三共和政下の反ユダヤ主義運動--ドレフュス事件に至るまでの過程 / 李春実/p68~90,29~29
          • 太田秀道著「奴隷と隷属農民--古代社会の歴史理論」 / 熊野聡/p91~94
          • 良知力著「向う岸からの世界史--一つの四八年革命史論」 / 伊藤定良/p95~98,103~103
          • 富永幸生・鹿毛達雄・下村由一・西川正雄著「ファシズムとコミンテルン」 / 加藤哲郎/p99~103
          • ≪いとぐるま6≫文字と言葉 / 林玲子/p104~104
          • 菊池謙一君の思い出 / 小此木真三郎/p105~108
          • 歴科協第13回大会・総会特別決議/p109~109
        • (355) [76]
        • (356) [77]
          • 報告 現代反動イデオロギ-批判--「高校学習指導要領」の変遷を軸に / 矢代和也/pp2~28
          • 報告 インドシナをめぐる今日的問題 / 古田元夫/pp29~36
          • ■大会特集 80年代をきりひらく歴史学の視座■--歴史科学協議会第13回大会・総会 ・報告・ ■討論要旨 / 安井三吉/p37~40
          • 報告 越前一向一揆の展開 / 小泉義博/pp41~55
          • 報告 百姓・宗教・戦国大名--中世から近世への移行をどうみるか / 新行紀一/pp56~74
          • ■大会特集 80年代をきりひらく歴史学の視座■--歴史科学協議会第13回大会・総会 ・報告・ ■討論要旨 / 高木傭太郎/p74~77
          • 報告 日本中世史からの発題 / 峰岸純夫/pp78~85
          • 報告 日本近世史からの発題 / 津田秀夫/pp86~95,134
          • 報告 ヨ-ロッパからの発題--社会史・社会運動史・社会思想史--E.J.ホブズボ-ムの労働史研究と民衆運動史研究を手がかりに / 安川悦子/pp96~109
          • ■大会特集 80年代をきりひらく歴史学の視座■--歴史科学協議会第13回大会・総会 “シンポジウム・民衆の文化と思想”--その方法論をめぐって ■討論要旨 //p109~111
          • 一九七九年歴史科学協議会総会報告 / 歴史 科学 協議会 常任 委員会/pp112~116
          • 1978年度歴史科学協議会活動報告 //p117~130
          • 1979年度歴史科学協議会活動方針 //p131~134
          • 歴史科学協議会第十三回大会・総会参加記 / 茶谷十六/pp135~141
          • ・会告・ 日本学術会議選挙有権者登録はじまる //p142~142
          • ・会告・ 日本歴史学協会へ加入しよう //p143~143
          • ・会告・ 会員を拡大して財政危機を克服しよう //p144~144
    • 1980~1989 (128)
    • 1990~1999 (127)
    • 2000~2009 (13)

歴史評論 = Historical journalの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7940554/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。