国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

歴史評論 = Historical journal. (562)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 歴史評論 = Historical journal
    • 1940~1949 (18)
    • 1950~1959 (94)
    • 1960~1969 (121)
    • 1970~1979 (126)
    • 1980~1989 (128)
    • 1990~1999 (127)
      • 1990 (13)
      • 1991 (12)
      • 1992 (12)
      • 1993 (13)
      • 1994 (13)
      • 1995 (13)
      • 1996 (12)
      • 1997 (13)
        • (561) [63]
        • (562) [63]
          • 一九九七年を迎えるにあたって / 鈴木良/p1~1
          • 特集にあたって / 編集委員会/p2~2
          • 対談 どうとらえるか--「近代」と近代史研究 / 鹿野政直 ; 西川正雄 ; 大日方純夫/p3~32
          • 「国民国家」論と「民衆」--一つの覚え書き / 三宅立/p33~45
          • 南アジア世界における近代史研究の一側面 / 長崎暢子/p46~56
          • 歴史意識と歴史小説のあいだ--歴史家は司馬遼太郎をどう評価するか / 鈴木良/p57~70
          • 【歴史のひろば】"学問の外辺で"--安丸良夫著『<方法>としての思想史』によせて / 今井修/p71~78
          • 【紹介】 比較史・比較歴史教育研究会編『黒船と日清戦争-歴史認識をめぐる対話』 / 大日方純夫/p79~79
          • 日本人北米移民の精神構造(上) / 山下洋/p80~93
          • 社会主義を考える-21-転換の時代と社会主義の可能性 / 岡本宏/p94~103,56~56
          • 【紹介】 米田佐代子著『ある予科練の青春と死』 / 山村淑子/p104~105
          • 【科学運動通信】 シンポジウム「大学における歴史教育PART II」参加記 / 平塚健太郎/p106~107
          • 【文化の窓】 「縄文まほろば博」を見て--あの「縄文人展」から二十余年目の展覧会 / 宮瀧交二/p108~109
          • 大学教員任期制に関する声明 / 全国委員会/p110~110
          • 記録/編集後記 / 糟谷憲一/p111~112
        • (563) [87]
        • (564) [119]
        • (565) [63]
        • (566) [63]
        • (567) [63]
          • 特集にあたって / 編集委員会/p1~1
          • 差別・人権と近現代展示の射程 / 朝治武/p2~12
          • 災害と人文・歴史系専門家の役割 / 坂本勇/p13~23
          • 情報公開と文書館--官僚機構の諸問題との関連から / 黒滝哲哉/p24~34
          • 【歴史のひろば】 フランスにおける文書館の利用と歴史研究 / 堀越宏一/p35~43
          • 書評/高野 修著『地域文書館論』 / 白井哲哉/p44~48
          • 近世海村の共同体規制--地先海面用益をめぐる個・集団・共同体 / 片岡智/p49~64
          • 【リレー連載・社会主義を考える】(25)社会主義における「人間の尊厳」 / 梅田欽治/p65~71
          • 【歴史の眼】 基地のない平和な沖縄・日本をめざして--憲法施行五〇周年・沖縄返還二五周年に / 平山基生/p72~76
          • 書評/中野 等著『豊臣政権の対外侵略と太閤検地』 / 福田千鶴/p77~80
          • 書評/大塚英二著『日本近世農村金融史の研究―村融通制の分析』 / 紺野浩幸/p81~86
          • 書評/吉田俊純著『明治維新と水戸農村』 / 田崎公司/p87~92
          • 書評/間宮國夫著『西原清東研究』 / 福井淳/p93~97
          • 【紹介】 黒川知文著『ロシア社会とユダヤ人―一八八一年ポグロムを中心に』 / 斎藤治子/p98~99
          • 【紹介】 トマス・C・スミス/大島真理夫訳『日本社会史における伝統と創造―工業化の内在的諸要因 一七五〇―一九二〇年』 / 鵜飼政志/p100~100
          • 【科学運動通信】 貝塚市の中世後期獣骨群投棄遺跡発見の意義 / 藤本清二郎/p101~102
          • 【文化の窓】 '96イラン映画祭とイラン映画 / 鈴木均/p103~104
          • 二・一一集会―各地の記録(2) //p105~110
          • 記録/編集後記 //p111~112
        • (568) [63]
        • (569) [63]
        • (569)付録 [9]
        • (570) [63]
        • (571) [64]
        • (572) [63]
      • 1998 (13)
      • 1999 (13)
    • 2000~2009 (13)

歴史評論 = Historical journalの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7940773/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。