国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

  前の巻号   後の巻号

ショパン = Chopin magazine. 1(6)(6)

目次・巻号

  • ショパン = Chopin magazine
    • 1980~1989 (71)
      • 1984 (11)
        • 1(1)(1) [51]
        • 1(2)(2) [55]
        • 1(3)(3) [55]
        • 1(4)(4) [55]
        • 1(5)(5) [55]
        • 1(6)(6) [57]
          • グラビア ツィメルマン来日決定(第一報)!/p9~11
          • グラビア 正統派 ツィメルマン 異端派 ポゴレリッチ 比較 / 中河原理/p12~14
          • グラビア 天才の狂気をいだく芸術家 ピエール・ボロンダ/p15~15
          • グラビア [誌上公開]クララ・シューマンの映画 哀愁のトロイメライ/p94~95
          • グラビア 「古典調律」に新たな注目! 国立音大調律科OBが先鞭を/p96~96
          • グラビア トピック・ラウンジ 世界初のレディースオーケストラ/p17~17
          • グラビア a poem中山知子「レース編み」/p17~17
          • 「音楽の心」に導く音楽教育 / 砂山清/p89~93
          • ざっくばらんプロフェッサー対談 田村宏VS千蔵八郎 「音大生・ピアニストの“狭き門”をめぐって」/p36~39
          • 中村紘子 世界の日本のピアニスト(6)時には曲に対し、自分なりの演奏表現の仮想を試みてみたりすることも/p18~21
          • 練木繁夫 私のピアニズム 作曲家の指示をすんなり表現する--ぼくは、演出家の心境になってきた/p22~24
          • MY PROPOSAL 鍋島元子「チェンバロ体験」のすすめ/p57~59
          • シューマンへの近づき 一瞬の触れあいのうちに…シューマンの魅力 / 笠間春子/p40~41
          • シューマンへの近づき シューマン・図書室 / 藤原怜子/p43~42
          • シューマンへの近づき シューマン・ピアノ出版楽譜 / 高橋淳/p44~44
          • Novelty interview (1)柏木玲子さん「エレクトーン国際使節として活躍」/p75~75
          • Novelty interview (2)飯島真理さん「坂本“教授”は天才すぎて」/p76~77
          • 来日ピアニストのメッセージ オナイ オピッツホフソン/p45~45
          • ダルトン・ボールドウィン氏の演奏論 by interview essay/p73~73
          • interview ウィーン・フィルとピアニスト/p72~72
          • 連載 華麗なる世界“女流”音楽史(6) / 船山信子/p46~48
          • 志鳥栄八郎の選んだ今月のベスト・レコード/p34~35
          • 特集 ヴァイオリニストとピアニスト 対談 弦鍵楽々楽しいかないい意味でのライヴァルpolemic / 江戸京子 ; 前橋汀子/p25~29
          • 特集 ヴァイオリニストとピアニスト ヴァイオリニストから見たピアノとピアニズム / 岩淵龍太郎/p30~31
          • 特集 ヴァイオリニストとピアニスト 若手ホープ2人--私がいっしょに弾いたピアニスト/p32~33
          • 特集 ヴァイオリニストとピアニスト 個性的なピアニストとの出会いには発見と感動の歓びがある / 加藤知子/p32~32
          • 特集 ヴァイオリニストとピアニスト 無言の喧嘩くらべのスリルがある清水和音さんとのデュオ / 漆原啓子/p33~33
          • イエルク・デームス ピアノレッスン教室(2)ベートーヴェン・ピアノソナタop.53「ワルトシュタイン」コンチェルト風ソナタとしての構築性と華麗さを/p88~82
          • 三宅幸夫 ピアノ学習者のためのハーモニー講座(終)J.S.Bachのコラールと和声/p81~79
          • 大村典子のレッスンクリニック(3)/p60~64
          • 田丸信明・現代っ子のためのバイエル練習法(2)/p65~67
          • 金沢益孝 関西ピアニスト群像(第二回)関西ピアノ界の明日を担う若々しくみずみずしい新進たち/p74~74
          • 教材レコード&テープ(3)発表会向き篇/p68~68
          • この夏いかが?音楽ペンションご案内/p69~69
          • 真夏をたのしむ音楽フェスティバル ヨーロッパ篇・国内篇/p70~71
          • Vivaぴあの・あんさんぶる / 吉田洋/p56~49
          • 「君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね。」「メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調」 新しい時代のピアノ“調律師”育成を目指す 東洋音楽専修学校を訪ねて/p78~78
          • 読者のページ ピアニシモ フォルテシモ 読者プレゼントのお知らせ/p97~98
        • 1(7)(7) [57]
        • 1(8)(8) [63]
        • 1(9)(9) [63]
        • 1(10)(10) [63]
        • 1(11)(11) [63]
      • 1985 (12)
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (13)

ショパン = Chopin magazineの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7959321/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(NDL-OPACへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)