国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

ショパン = Chopin magazine. 1(11)(11)

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • ショパン = Chopin magazine
    • 1980~1989 (71)
      • 1984 (11)
        • 1(1)(1) [51]
        • 1(2)(2) [55]
        • 1(3)(3) [55]
        • 1(4)(4) [55]
        • 1(5)(5) [55]
          • グラビア 3人の若き大型ピアニスト 「1」伊藤恵さん/p9~9
          • グラビア 3人の若き大型ピアニスト 「2」児嶋一江さん/p10~10
          • グラビア 3人の若き大型ピアニスト 「3」岡田博美さん/p11~11
          • 国際コンクール現地レポート 安田正昭さん(マリア・カナルス コン) 児玉桃代さん(クロード・カーン コン)/p12~13
          • 早期・英才教育からの巣だち / 片山・B・陽子 ; 浦壁信二/p14~15
          • フレッシュ!初来日/バーバガロ、オナイ、ダルベルト/p16~16
          • 高橋アキとその仲間/p95~95
          • ゲルバー来日/p95~95
          • a poem蒔田律子ドビッシィに傾くことの/p17~17
          • 20世紀音楽のプロローグ 船山隆「印象主義・表現主義・ピアノ」/p89~94
          • MY PROPOSAL 鼎談 「クラシックもかつては現代音楽だった!」 一柳慧作品のレコーディング4つの現代ピアノ曲 / 岩城宏之 ; 一柳慧 ; 木村かをり/p57~60
          • 舘野泉 世界の日本のピアニスト(5)「秘められた“音の美”を見いだすゆとりに恵まれた白夜の国フィンランドで」/p18~21
          • 海老彰子 私のピアニズム「自然にしているときに本当に“私らしい演奏”ができるのではないかしら」/p22~24
          • ドビュッシーヘの近づき ドビュッシー バッハ/ドビュッシー コルトー / 遠山慶子/p40~41
          • ドビュッシーヘの近づき ドビュッシー図書室 / 笠羽映子/p42~43
          • ドビュッシーヘの近づき ドビュッシーのピアノ出版楽譜 / 高橋淳/p44~44
          • [トピック・ラウンジ]ガゼボ&小林麻美「I like Chopin」/p73~73
          • Novelty interview (1)「美才女ふたりピアノ大好きおしゃべりデュオ」 / 頼近美津子 ; 中村洋子/p74~75
          • Novelty interview (2)「私自身は国立音大を中退してしまったけれど将来は子どもたちにピアノや歌を教えたい!」 / 沢田亜矢子/p76~76
          • 来日ピアニストのメッセージベンツ、マッケイブ/p45~45
          • トピックス深沢亮子・杉谷昭子/p39~39
          • アルゲリッチ来日決定第3弾 宇野功芳「アルゲリッチのレコード雑感」 現在までのディスコグラフィー一覧/p36~37
          • 島田璃里さんとエリック・サティ サティ連続演奏の舞台づくり/p38~38
          • 連載 華麗なる世界“女流”音楽史(5)「ヴェルサイユ楽派の閨秀楽人ジャケ・ド・ラ・ゲール」 / 船山信子/p46~48
          • 志鳥栄八郎の選んだ今月のベスト・レコード/p34~35
          • 特集 歌曲・オペラとピアニスト スゼー&ボールドウィン「よきパートーナーとして20年!」/p26~27
          • 特集 歌曲・オペラとピアニスト 中山悌一 「ピアノを深く愛するがゆえにあえて直言する」/p28~29
          • 特集 歌曲・オペラとピアニスト 秋山恵美子 「歌うように流れるようにそれはピアノでも歌でも同じ」/p30~30
          • 特集 歌曲・オペラとピアニスト 斉藤昌子 「オペラのコレペテイトールとピアノ伴奏者」/p31~31
          • 特集 歌曲・オペラとピアニスト 三宅民規 「ピアノ伴奏者は声楽家の演奏にこんなに気くばりをしているのです」/p32~33
          • ピアノレッスン教室(1)ベートーヴェンのピアノ・ソナタop.31-3楽章 より豊かなイマジネーションの読みとりを / イエルク・デームス/p88~81
          • ピアノ学習者のためのハーモニー講座(5)J.S.Bachのコラールと和声(5) / 三宅幸夫/p80~78
          • 大村典子のレッスンクリニック(2)/p61~65
          • 田丸信明・現代っ子のためのバイエル練習法(1)/p66~68
          • 関西ピアニスト群像(第一回) / 金沢益孝/p70~71
          • 張恵国さんにきく 最新の韓国ピアノ事情/p69~69
          • ≪ピアノカラオケ≫のすすめ / 石塚由紀子/p72~72
          • Vivaぴあの・あんさんぶる 「別れの曲」(F・ショパン)/「今夜はビート・イット」(マイケル・ジャクソン) / 吉田洋/p56~47
          • SCHEDULE コンサート/セミナー/p104~104
          • 読者のページ ピアニシモ フォルテシモ 読者プレゼントのお知らせ/p97~99
        • 1(6)(6) [57]
        • 1(7)(7) [57]
        • 1(8)(8) [63]
        • 1(9)(9) [63]
        • 1(10)(10) [63]
        • 1(11)(11) [63]
          • グラビア グラフ特集! アルゲリッチin Japan/p9~9
          • グラビア 海外留学生あるばむ シドニー大学生・尾形淑子さん/p105~109
          • グラビア 初来日独占インタビュー オメロ・フランセシュ 「私がプロのピアニストとして生きる道」/p110~111
          • グラビア 来日ピアニスト成熟した音楽を聴かせる3人--(1)コンラート・リヒター (2)ヨセフ・ハーラ (3)ヴィレム・ブロンズ/p112~112
          • グラビア NHK(’75年~’85年)≪若い芽のコンサート≫VIEW 11年間の出場ピアニスト15人の顔ぶれ/p13~13
          • 第53回(本年度)ピアノ部門第1位~第3位 日本音楽コンクール--「1」田部京子「どんな曲も“自然に弾けるように」 「2」金子恵「曲の本質を伝える表現力を」 「3」渡辺有紀子「当面はソロの曲に徹底して幅を広げたい」/p10~12
          • THE CULTURE パウル・バドゥラ スコダの基礎講座(連載第一回)ショパン≪24の前奏曲≫について/p31~37
          • 園田高弘 世界の日本のピアニスト(終)「教える側の反省すべき問題点が露出しはじめている、それが今の日本の一番の問題点です。」/p26~29
          • 北川曉子 my life work「私のベートーヴェンの像」/p65~70
          • 渡辺規久雄 「さわやかに みずみずしく 伸びやかに二つの協奏曲を弾く」/p38~39
          • 亀田真弓 ヨーロッパ音楽通信「ジュネーブ~リヨン~パリでのホットなピアニスト情報」/p40~41
          • 吉原すみれ ノベルティ インタビュー「現代が模索し方向する音楽エネルギーの可能性を!」/p48~49
          • 来日演奏中 アルトウール・モレイラ・リマ「情感ゆたかにショパンの“悲愁”の美を歌わせる…」/p30~30
          • イタリアより一時帰国・テノールの延安昭一さん「伴奏を天職とする人が…」/p97~97
          • 志鳥栄八郎の選んだ今月のベスト・レコード/p50~51
          • 海外音楽事情 岩崎セツ子 フランスのピアノ演奏方法論と私「ピエール・サンカン先生のメトード」/p42~43
          • 海外音楽事情 長岡純子 オランダ国立ユトレヒト音楽院「開かれた校風に集まる各国の教授陣」/p44~45
          • 海外音楽事情 高山三智子 ソビエト・モスクワ音楽院「演奏家が“自分の個性”で勝負するために」/p46~47
          • “最後のピューリタン”(連載第2回)グレン・グールドの「バッハ・フーガ論」 / 佐々木斐夫/p52~56
          • 2大LECTURE イエルク・デームス ショパン・バラード第四番「激情を秘めた深い感情表現とその奏法」 / 池田明子/p96~91
          • 2大LECTURE 中村紘子 「ショパンの音楽の多彩さとデリカシーを表現するための基礎テクニックを」ショパンのエチュードとノクターンより/p90~85
          • 連載≪日本列島“音楽人”探訪≫愛媛県八幡浜市のカジタ楽器 大村典子 「ファミリー音楽ができる街づくりをめざして」/p71~75
          • THE LESSONERS 「実践・即興演奏法」コードネームを応用しながら / 村山芳男/p84~82
          • THE LESSONERS 「バイエルとともに」レッスンダイアリーに記されたゆかりちゃんの成長レポート / 小原克子/p76~78
          • THE LESSONERS 「導入期のピアノ・レッスン法」子どもが興味をもつ楽しい遊びもとり入れて / 田村智子/p79~81
          • Vivaぴあの・あんさんぶる 「聖夜」「クラシック・ドラマティック・メドレー」 / 吉田洋/p64~64
          • コンサート・セミナースケジュール/p120~118
          • ピアノ・カラオケ「みんなのこころに“美しい音楽の花”が咲くならば」/p98~100
          • 愛読者プレゼント(ピアノ・アンサンブル・カセット)/p101~101
      • 1985 (12)
      • 1986 (12)
      • 1987 (12)
      • 1988 (12)
      • 1989 (12)
    • 1990~1999 (120)
    • 2000~2009 (13)

ショパン = Chopin magazineの書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7959326/1

この資料は、著作権の保護期間中か著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開していません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク)」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

遠隔複写サービスの申し込み方(音源、電子書籍・電子雑誌を除く)

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。