国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

伊勢物語栄花枕 2巻

コマ番号
/15

解題

書誌の解題
青本合1冊。題簽欠。題簽「風流(ふうりう)/邯鄲(かんたん)/浮世榮花枕(うきよゑいぐ(く)わまくら) 上(下)」のある東洋文庫岩崎文庫本と同内容。辰年(安永元〔1772〕)、松村版。富川吟雪画。柱題「ゑいぐ(く)わ枕上(下)」。上冊表紙打付書に拠った当館本の題名「伊勢物語栄花枕」は1丁表の慳貪箱の書名「伊勢物語」と柱題の「ゑいぐわ枕」によったとみられ、『浮世榮花枕』とするのが良い。式亭三馬旧蔵。
(解説)早くから着目され、『校註黄表紙代表作選第1期』(1932年、江戸文化研究会刊)に複製あり。
(内容)謡曲「邯鄲」の廬生を女性に置き換えた作品。「邯鄲」の捩りとしては黄表紙の最初作として著名な『金々先生栄花夢』に先行するが、夢の内容は依然として古風。
(上)浅草今戸辺の美女おせいは男選びして一人住み、ある夕暮れ書見しつつ机に依りまどろむ。主人の望みなので是非宮仕えをと茂町少納言の使者が訪れ立派な乗物に乗せて連れ行く。少納言は23、4の市川錦考のような美男で、おせいを見て喜び、すぐにお寝間の伽に召される。小姓玉垣花之介が御盃を勧める。御目見得も済み、豪華な御殿を腰元に案内されて御寝所へ。利発で歌学にも糸竹にも通じ、心遣いも細やかなので殿は昼夜お側を放さず四季の遊興を楽しむ。月日は重なり玉のような若君を平産。
(下)天魔の魅入れか、おせいの方は腰元さつきに言い含め小姓花之介を口説く。花之介もついに道ならず深く契る。おせいの方は正嫡の藤若を追い失い我が子を家督にと工み、衣裳に蜜を塗って花園に出、群がる蜂を払おうと傍に寄る藤若を讒言し追籠める。千鳥の香炉を過って割った腰元さつきを局に打擲させる。さつきは口惜しく、2人の艶書を持って不義を訴える。殿は急いて、不義と極まれば両名を成敗せよと命ずる。不義も若君の讒訴も露見し、打首となるその時、浅草寺の入相の鐘が聞こえ今戸の小家で夢醒める。おせいは夢醒めて「一心転倒すれば獄卒笞を振る」という仏の教えと悟り、さる方へ縁付き、目出度く栄えた。(木村八重子)(2016.2)
(紹介)暉峻康隆著『江戸文学辞典』(昭和15年、冨山房刊)に立項。『草双紙』(岩崎文庫貴重本叢刊〈近世篇〉第6巻、昭和49年、貴重本刊行会刊)に影印。『日本古典文学大辞典』(1983年、岩波書店刊)に立項(執筆・木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929290/1