国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

海川水魚交 2巻

情報
コマ
/17
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本2冊(合1冊)、画作者無記、版元は本文の商標により村田屋。柱題「うミ川」。所蔵は当館のみ。題簽が発見されず本来の題名は未確定。後補書題簽「鯉の鳴神/たこのたへま/海川水魚交」とあるのは角書を逆に誤り、扉の墨記「こいのたへま/たこの鳴神/海川水魚の交 上下」が正しい。『日本小説年表』(『近代日本文学大系』第25巻 国民図書、1929)には「鯉のたへま/鮹の鳴神/海川水魚交」とある。  
(内容)川魚と海魚の異類騒動を「鳴神」ものに擬した作品。
(上)利根川の小魚どもが大鷺に食われ、案じた鯰と鰻は海魚の秋刀魚を取って干物にする。鮹と鯛はこれを怒り鯱に注進。怒った鯱は鮹入道に竜神を封じ込め渇水で川魚を皆殺しにせよと命ずる。鮹入道が鳴神のように龍神を封じ込め、川に水なく川魚は死ぬ。淀川の鯉は雲の絶間姫のように女の姿となり、(下)鮹入道に酒を飲ませ酔い臥させ、お家芸の滝登りで巌に登り注連縄を切って落とす。鮹入道は大いに怒り大石を差し上げ追いかける。河童も皿に水を受け、百人力となり、鮹入道に真水を掛け、鮹入道は弱り臥す。海魚側は、干魃で取れた川魚を秋刀魚の仇として俎上で背を裂き串に刺して蒲焼きにし、鰻の首を切り並べ曝す。鯰は鬚を切られ涙を流す。河童は(子供の尻を狙うので)穴知りを自慢して鰻を療治する。鰻は穴釣りで痛い目に遭ったので、河童の穴好きに用心なさいという。不忍池の鼈(すっぽん)は弁天のご夢想の膏薬で鯰の傷を療治する。さて、海川両家は和睦して水魚の交りを約束、大鷺を討ち青鷺を捕らえる。鮹入道も鯉と仲良く島台を奉る。竜門の鯉は出世の門出と名を残し、めでたしめでたし。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929310/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。