国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

大磯地蔵咄 2巻

コマ番号
/16

解題

書誌の解題
黒本2冊(合1冊)、柱題「ち(ぢ)ぞ(そ)う」。所蔵は当館のみ。『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)104頁に「下之巻」題簽あり。丸に「村」の商標により村田版。意匠に白鼠と延命袋あり子(明和5[1768])年刊。
(内容)地獄の騒動と大磯の切られ地蔵由来譚。画は西村風、面白い会話で話を進める作品。 
(上)朝比奈、弁慶、金時らが地獄で諸道具を微塵に踏み壊す。無限の釜の底が抜けて居処がない三途河婆、木の股で首が不安定な牛頭馬頭(ごずめず)、浄玻璃(じょうはり)の鏡も業(ごう)の計も仮道具で間に合わせ、閻魔、地蔵菩薩、諸王が諸道具新調の相談。閻魔に頼まれた六道の地蔵は大磯の地蔵に寄進を申しつけ、大磯の地蔵は仕方なく狢(むじな)狐狸を集め往来の旅人を化かして取ろうと談合、狢狐狸は思い思いに化けて往来の旅人の銭金を奪い取るが、三十五両余しか集まらず、集金の鬼に言い訳する。
(下)飛脚が通り、平塚から大磯七丁の間で日が暮れたのは合点行かぬと狐狸狢の化物を踏みのめし、石の地蔵の後ろへ逃げ隠れたのを真二つにしようと石の地蔵を袈裟懸に切って小田原へ。六道の地蔵と閻魔が聞いて驚き、医者を探し、耆婆(ぎば)の弟子イバが療治に遣わされ漆の療治をする。鬼も倶生神(くしょうじん)も三途河婆も見舞に来る。地獄の道具が調い火の車で運ぶ。地獄も金次第、大磯の地蔵に大変世話になった。閻魔、地蔵喜ぶ。鬼、三途河婆、倶生神、餓鬼阿弥踊り、閻魔は喜びの余り音頭を取る。大磯切通しの地蔵堂には往来の人が参詣する。石の地蔵には今も袈裟懸の傷があるそうだ。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929331/1