国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

大峯桜

コマ番号
/22

解題

書誌の解題
黒本3冊(合1冊)、題簽欠、『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)75頁に上中冊分題簽「新版/加見/寸可多/忠臣大峰櫻 上」「新板/加美/すがた/忠臣大峰櫻 中」あり。版元も内容も一致するのでこれが本来の題名。丈阿作、丸小版、柱題「大ミね桜」「大峯さくら」「おほミねさくら」。
(内容)(上)播州印南の長者花岡家は代々役行者(えんのぎょうじゃ)を信仰し、大峰禅定して家督を継ぐ。花岡左衛門も三七日(さんしちにち)を勤めて帰り、貧しい人々を招き施行する。座頭丸市が訴え出、五音を占うに今日殿のお命が危いと言う。花岡が用心して外出すると松の木陰から矢が飛び、浪人あだち半内左衛門を取押さえる。半内は依頼人の名は言わぬと懐中の書状を破り捨て切腹、平馬が奪い取る。山伏願力坊は花岡の人形に御幣を結い付け屋敷の前で一味の者と呪文を唱える。要之介は心得ぬ有様と人形を奪い、山伏を追い散らし、願力坊を縛って館へ引く。花岡の家臣なるせ五郎左衛門は讃岐の金比羅への代参から帰り、御札を差し上げるが、花岡の館が異様で、女房狭衣の言に任せ一腰を与えて離縁する。狭衣はその刀を抜き、新参の腰元おゆりと「お家の仇」「兄半内の仇」と斬りつける。後室普松院と平馬は、なるせ五郎が花岡の命を狙ったと言い立て、家老職に免じて切腹という。なるせは「殿の御前で切腹する、世話焼くな」と怒る。
(中)丸市は、なるせを、五音から悪人の張本と言い、後室は即刻切腹を命じよと言う。丸市を偽座頭と知ったなるせは膝下に敷いて、眼を明けぬと切ると威し、眼を開かせる。後室は口惜しがり、一家中はみな味方、左衛門らを残らず討てと言う。なるせを切ろうとした花岡は驚き、汝の忠を無にする所であったと詫びる。要之介は大山禅定の長持から、奪った人形と生捕った願力坊を引き出し白状させる。敵は館を囲み、花岡夫婦と春姫を捜す。花岡夫婦は要之介と落ち、春姫はなるせが在所に匿う。後室の実子熊丸に家を継がせ、平馬は後見となり春姫に心を掛けて茂藤太と武六に探索を命ずる。油屋甚五郎は星見友宅方に来て明日婚礼したいと頼む。友宅は甚五郎方へ来て、日暮れにおよのを連れてくることなどを家来に命じて帰す。甚五郎妹お春は兄の言で掃除をし、何も言わず商に出たと言う。友宅は立腹する。
(下)そこへ庄屋太次兵衛が捕手の大将平馬の家来武六を案内し、お尋ねの女は甚五郎の妹お春だそうだと捕手大勢で甚五郎の家に入り込み、春姫を奪おうとした所を甚五郎が飛んで出て天秤棒で叩き散らす。熊丸が花岡家を横領し供人多数と大峰禅定する所へ、大峰権現の勅を受け後鬼前鬼に扮したなるせ五郎左衛門と八橋要之介が面を取って現れ、仇を山下へ追い、熊丸と茂藤太を討つ。逃げのびた平馬は不動明王に扮した甚五郎が駆けつけ掴んで蹴倒し、縛って連れ帰りあだち半内に手向けることとする。(木村八重子)
(紹介)木村八重子「未紹介黒本青本」20(「日本古書通信」第992号、2012.3)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929341/1