国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

翁丸物語

コマ番号
/68

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。十返舎一九著・蹄斎北馬画。文化4年(1807)刊。2巻2冊(合1冊)。
仇討ち話に義犬の報恩譚・犬首(いぬがみ)明神の由来を組み合わせる。「翁丸」は『枕草子』第七段に出る犬の名であるが、直接の関係はない。伊勢国一志(いっし)郡藤潟の郷代官「忘井源太兵衛」が打擲されていた犬を助けたことが、「翁丸」の章段に通ずるというのであろう。
忘井源太兵衛(70歳)は柔和で正直な人柄を見込まれ、家臣から先代の後家「おかん」に入夫した者。先代の子で惣領の「源三郎」は放逸で家を捨て、主家北畠に仕える女子「おりつ」も戻ろうとしない。そこに源太兵衛の名跡相続の話が起こり、養子を迎えることになる。浪人「島貫丹平」と密通するおかんは、丹平の娘「おせち」と養子「清太郎」を婚姻させようと企むが、急死した北畠の若殿に似た清太郎に一目惚れしたおりつは、相続権を主張しておかんの密通を言い立て、忘井の家を追い出す。丹平は自殺したおせちの首を携えて忘井家に乗り込み、源太兵衛とおりつ夫婦を殺害する。この時、源太兵衛の救った犬が丹平の膝に噛み付き、首を斬られても離れない。(上編)
島貫丹平・おかんは悪事を重ねながら西を指して逃亡するが、おかんは小児殺しの報いにより惨死する。一方山伏「観乗」と名のり豊後国に下った忘井家の惣領源三郎は、宿泊先の村人から首のない犬の夢を買い、また験力によって「曽平太」という者の膝に噛み付いた犬の首を落として、「犬首明神」として祭る。その夜の夢に犬が現れ、もと村人の飼い犬で、伊勢参宮の折、源太兵衛に救われたこと、曽平太は敵の丹平であることを語る。仇討ちを果たした源三郎は領主の認可を得て伊勢に帰り、忘井家を再興する。(下編)
本作には荒唐無稽な点も多いが、源太兵衛以外の主要登場人物に単純な善悪で割り切れない性格設定が施されており、前半の争論の描き方は、複雑ではあるがリアリティを感じさせる。『十返舎一九集9』(中山尚夫編、古典文庫637、1999.12)に翻刻が収まり、播本眞一に典拠の指摘がある(1995.10)。(大高洋司)(2017.2)
(参考文献)播本眞一「一九読本と『奇疾便覧』」(『読本研究』9、1995.10)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929347/1