国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

敵討枕石夜話 2巻

コマ番号
/70

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。曲亭馬琴著・歌川豊広画。文化5年(1808)刊。2巻2冊(合1冊)。
馬琴の〈中本もの〉のうち最後に執筆された作で、武蔵国浅草の石枕説話を核に、時代は鎌倉期に設定されている。発端に常陸国枕石寺の説話を置いて、猟師「戸五郎」が誤殺したこの寺の僧の怨念と解脱が物語全体の〈因果〉を担い、戸五郎がその子に討たれることで、仇討ち話が完結する。
しかし本作で最も力点が置かれるのは、僧の怨念を受けて性格が貪婪となり悪婆に変貌していく戸五郎の娘「浅茅」の行為を、浅草の観世音(円通菩薩)がそのつど懲らし、最終的には成仏に導く過程を描くことである。それらの挿話は、浅草周辺の地名と関係づけながら描かれ、浅茅の娘「駒形」も石枕の犠牲になる。親子三世に及ぶ〈因果〉の強調は、本作に限らずこの頃から定着し始めた馬琴読本の基本的構成である。髙木元による翻刻が「研究実践紀要(明治学院中学・東村山高等学校)」4(1981.6)に収まる。(大高洋司)(2017.2)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929412/1