国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

堅田の亀

コマ番号
/17

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本2冊(合1冊)(下冊欠)。富川房信画、柱題「かたゝのかめ」。東洋文庫(岩崎文庫)に題簽全揃「風/流/新/版/堅田龜善悪物語 上(中・下)」あり。『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)140頁にも上冊分あり。これらの題簽には波に跳ぶ兎の意匠あり卯年の松村版と判る。他に大東急記念文庫等にも所蔵。
(内容)典拠は、矢田真依子「富川房信における浮世草子利用」(「近世文藝」93、2011.1)に『敵討浮田物語』と指摘あり。
(上)永禄10年(1567年にあたる)堅田浦に両頭の亀出現。将軍義輝が吉田兼なりに占わせ吉と出、元亀と改元。赤松備前義つぐは山名相模と合戦し城を取って居城とする。都白川辺に稲葉外記という飯綱の行者あり、赤松の召しで唐紙の獅子が牡丹に狂う術を見せる。廉直の忠臣島村直さだは相役の浮谷秀つぐを怪しみ、密かに行者を亡き者とする。
(中)浮谷は美女の画像を見せ、踊りを勧め、赤松殿は昼夜淫乱となる。浮谷は更に屏風に揮毫して殿に取り入る。島村は浮谷の引き起こす災を察し、茶に招いて討ち取る。浮谷の所領没収、妻は所払いとなる。
(下、以下、当館本には欠)浮谷の妻子は美作に逃れ、息子秀八は剣術に励む。大百姓娘おろくの癪を救い恋仲となり、押し入った盗賊を切り散らす。秀八は身をやつして島村を狙い本望を遂げ、赤松家へ帰参。おろくと夫婦となり栄える。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929433/1