国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

金の長者 3巻

/24

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本3冊(合1冊)、富川吟雪画、柱題「金のてうじや」。同内容の大東急記念文庫本に題簽「新/板/名所風俗金王櫻 中」(振り仮名:めいしよぶりこんわうさくら)あり、『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)176頁には「新/板/名所風俗金王櫻 上」(振り仮名同じ)がある。これが本来の題名。題簽の鶴の丸と意匠の馬により午(安永3[1774])年の鶴屋版。
(内容)渋谷金王の物語とその子孫の長者譚。
(上)待賢門の戦から義朝主従が間野の内海に着くまで。
(中)長田庄司父子が義朝と鎌田正清を謀殺し、義朝の首を清盛へ送る。金王丸は浴衣を取りに行った隙に主人義朝が討たれたので橘七郎と弥七兵衛の首を引抜き、馬で長田父子を追い、やがて義朝公の跡を弔わんと出家し(以上は『平治物語』にあり)故郷へ下り「再び源氏の世とならば名木となれ」と、後に渋谷の金王桜と呼ばれる桜を植える。
(下)遥かに時移り、後光厳院の御宇か、渋谷金王丸の子孫と言い伝える金(こがね)の長者は子なく八幡宮へ祈って玉のような女子を儲け寵愛する。その頃目黒原に行人があり加持して病を平癒させる。銀(しろがね)村の長者の子息銀王丸は目黒不動へ参詣し小柄(こづか)を拾う。銀王丸と金の長者の姫は見初め合い文を通わし深き仲となり二世を契る。行人も姫を恋し死んで思いを通ぜんと川へ身を投げる。銀王丸は姫を伴い館を忍び出る。行人の亡魂が竜の姿で姫に慕い寄り、銀王丸が目黒不動を念じ、拾った小柄を投げると亡魂は消え失せ不動の尊体が現れる。金の長者と銀の長者は一家となり、銀王丸と姫は盃を交わしめでたく栄える。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929440/1

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。