国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

鎌田又八 2巻

/17

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本2冊(合1冊)、題簽欠(剥離痕あり)、合綴の狩野文庫本に上下の題簽「新/版/鎌田又八化物退治 上」「新/板/鎌田又八化もの退治 下」あり、題名上に「丑」、冊次下に鶴の丸の商標。これにより丑(明和6[1769])年の鶴屋版。同じ下冊分が『青本絵外題集1』119頁にあり。富川房信画、柱題「かま田(た)又八上、かま田又八下」。他に5点知られているが、大東急記念文庫本は別本。
(内容)鎌田又八もの。化物退治。下冊に化猫譚。
(上)鎌田又八という大力者がある。幼時、飼っていた白鶏を隣家の犬が食い殺し、遊びから帰った又八は犬の両顎に両手を掛け引き裂き殺した。又八は1里程離れた山里へ出かけ、夕暮れにおばを訪ねようと山路を行くと、三ツ目の大入道が出て「わっぱめ頭から噛むぞ」という。「わっぱ呼ばわりは太い」と怒り、刀を抜いて切殺して見れば古狸で、おばの門口に来てそのことを話す。化物はおばに化けて内へ入れる。又八はおばの所で心が緩み寝むと、いろいろな音がするので透かして見ると異類異形の化物集まり、すさまじい山伏が窓から覗き口なめずりしている。「宵にぶっちめた古狸だな」おばと見えたのは口が耳まで裂けた化物で、一つ目小僧と囲炉裏で生首を炙って食い、手を醤油の付焼きにする。生首は無数に躍り出て又八を見て笑う。丑三つ過ぎ、化物たちは又八が寝入ったと思い、一口に食おうと近寄る。又八は刀を引き抜き切り散らす。化物は消え消えとなり行き方知れずとなる。その頃、絹屋嘉右衛門という有徳な商人があり、母が到って猫を秘蔵し、孫子と雖もその愛に及ばず甚だ可愛がって飼った。赤猫は年取ると化けるのか、ある時、この猫が遂に嘉右衛門の母を食い殺した。
(下)又八が隣村の絹屋の前を通ると、嘉右衛門の母らしい老婆が血の付いた口を前の小川で漱ぎ、高塀を飛び越えた。又八は嘉右衛門に見た通りを話す。嘉右衛門は老母はその後眼を患い、いつも暗い所に居、愛猫は何処へ行ったか見えないという。嘉右衛門娘おしがは又八を見初める。又八の話から嘉右衛門が隠居所の庭を掘らせると、老母と行方不明の側使いの女の死骸が出たので大いに驚き、猫の仕業と判る。猫は嘉右衛門の母を食い殺し、母に化けて暗い所に入り、朝夕の膳も給仕を遠のけて食ったのだそうだ。娘おしがは婆の様子を見て怖がる。急に空が曇り大雨大風岩石を降らし家鳴り震動が止まない。又八は嘉右衛門に頼まれ、襷鉢巻姿で甲斐々々しく隠居所へ研ぎ澄ました刀で切り込み、老婆と見えた赤猫が姿を現し逃げようとする所を畳み掛けて切り殺す。勇気ある若者たちが捕らえに来たがこの様子を見て気を失う。さしもの化猫を又八が退治したので、嘉右衛門は「母の敵を討ったのも偏に貴殿のお蔭」と馳走して娘おしがと妹背の中を頼む。おしがは又八と夫婦になって喜ぶが猫股の妖怪に恐れる。又八が大盃になみなみと酒を受けると、あの赤猫の面がありありと映るので、空を見ると赤猫の首が炎々と舞い歩くのを睨み落とす。その後は不思議な事もなかった。こうして鎌田又八の力は近国に隠れなく、おしがと夫婦になり、目出度く富貴繁昌に栄えた。(木村八重子)(2018.1)
(紹介)「初期草双紙の化物尽くしの形成と発展(その一)」(アダム・カバット、武蔵大学人文学会雑誌 第41巻第1号、2009)本作については2図を掲出し解説あり。「『鎌田又八化物退治』について」(佐藤智子、叢第35号、平成26年2月、底本は当館本、下冊の化猫譚は『老媼茶話』に拠るとの指摘あり)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929443/1

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。