国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ    このデータベースについて    ヘルプ

獅々大王 2巻

/15

解題/抄録

書誌の解題/抄録
青本合1冊、画作「甚四」、版元・刊年とも未詳。早稲田大学図書館本も題簽欠。本来の題名は未詳。ただし、『日本小説年表』(『近代日本文学大系』第25巻 国民図書、1929)の明和8年(1771)に載る「神楽獅子初」の可能性が考えられ、そうであれば山本版で『奥州攻二人景政』の奥目録に載り、刊年は明和8年ではなく宝暦13年(1763)か。
(内容)獅子舞の起源譚。
(上)天竺最北の獅子国に、しやうりん王、姫君玉芙蓉、かく将軍、大将呂ようがあり、今を盛りの獅子山麓の牡丹を姫君の願いで見物に御出ある。獅子山麓の摩きんり魔王は、大悪無道の家来二人を連れて牡丹見に出た時、谷に落ちた獅子の子が宙で返るを見て捕まえ引裂き捨て、こちらを目掛けて猛る親獅子も引き裂く。獅子の子らは口惜しいが手向かえぬので、姫君を隠せば父王が摩きんりの仕業と推し仇を取ってくれると気づく。姫は牡丹の美しさに一人眺め歩く。獅子の子は、姫が日本の佐野川市松に比(たぐ)える美しい稚児に変じ姫を拐(かどわ)かし山奥へ連れ行く。父王は「急ぎ摩きんりが城へ押し寄せ姫君を取り返せ」と呂ように命じ、呂ようは范蠡や朝比奈のように門を破り、姫を渡せと迫る。摩きんりは無実と大に怒る。
(下)又の討っ手を命ぜられた、かく将軍は城を火攻めにして摩きんりを刺し殺す。姫の在処は知れず、かく将軍と呂ようが帰る途中、数多の獅子が出て道を遮る。その時大きな獅子が姫を頭に乗せ、その他の獅子が瓔珞(ようらく)を差し掛け送り出して両将軍へ渡し「摩きんりを討ってくださりありがたく姫君をお返し申す」と山へ帰る。父王は姫君に対面し喜び、獅子山の獅子どもが姫君を労(いたわ)った恩返しに獅子祭りをさせ給う。多くの子どもを集め獅子を舞わせ叡覧あり。姫君を隠し、摩きんりを滅ぼしたので日本へは獅子頭、大唐へは尾を送ったとか。呂ようは獅子祭りのことを童に教える。獅子舞とは長寿の枕詞、めでたし。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929562/1

機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。