国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

仁心蟹物語 2巻

情報
コマ
/15
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本合1冊、題簽欠、富川房信画、柱題「かに物かたり」「かにものかたり」。
東洋文庫(岩崎文庫)本に上下の題簽「新/板/仁心蟹物語 上」「新/板/仁心蟹物がたり 下」あり。『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)172頁に同じ上冊分あり。丸に「村」の商標と桜下の馬の意匠から午年の村田版。画工名が富川房信なので宝暦12年(1762)刊か。丸に「村」は入れ木の疑いあり。
(内容)蟹満寺(かにまんじ)伝説もの。  
(上)山城国の百姓与茂作の一人娘おまんは普門品を書写し、蛇が毎夕来る。百姓武右衛門は蟹を毎日取って酒の肴にする。おまんは武右衛門に干魚を渡し蟹の命を救う。おまんを口説こうと追って来た武右衛門は、おまんが四郎二郎を口説く所を見付ける。おまんと四郎二郎は深い仲となる。武右衛門は四郎二郎を踏み倒し打擲する。四郎二郎はおまんを逃がし、気を失う。与茂作は来掛かり四郎二郎に気付けを呑ませる。与茂作は帰途、蛙を呑もうとする蛇に会い、蛙を助ければ娘をやると言うと、蛇は蛙を助け、与茂作宅へやって来る。与茂作はおまんに話し、おまん嘆き悲しむ。
(下)四郎二郎はこのことを聞き、おまんと共に日頃信心の観世音に参詣する。その帰途武右衛門に出会う。武右衛門は、普門品を読誦する四郎二郎を縛り、おまんを口説き、従わぬので二人を切り殺そうとすると、大蟒蛇(うわばみ)現れ武右衛門を噛み殺す。観世音の助けか縄も切れ二人は逃げる。蟒蛇はおまんを追いかける。大川のほとりで、すでに危うい時、数万の蟹が穴から出て蟒蛇に取り付きずたずたに切り殺す。おまんは助けた蟹が救ってくれたと悟り、喜ぶ。与茂作は四郎二郎を婿に取り目出度く隠居して楽々暮らした。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929584/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。