国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

忠臣節分儺 2巻

コマ番号
/15

解題

書誌の解題
青本合1冊。題簽欠。『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)、108頁に上冊分あり。「新版/忠臣節分儺」。丸甚版。観水堂丈阿作。柱題「まめまき」。『国書総目録』第5巻 補訂版(岩波書店、1990.5)に当館本のみ。
(内容)吉野の里の隠士が節分の鬼の面を奪って袖姫を奪還。天武天皇即位まで。
(上)妻籠長者(女性)は春の祝儀を述べ、出雲大社の神主に内々で依頼した件を問う。神主は「姉姫袂の前は寅年で婿君求馬と相性が悪い。丑年に年違えの祈祷をすれば末繁昌は思いのまま」という。そこで大社の神前に袂の前を誘い、幽かに灯して一人にすると神前の十二神将の牛が忽然と現れ「年違えの御守を与えるので」と自分の住処へ誘う。袂の前は拒む。家老稲塚郡司が駆けつけ「姫を連れ行くな。お袋の妻籠長者も年違えして猫股年に、神主も人を化かすので狸年になれ」と怒る。妹袖姫が群衆の中で浄御原宮の御幸を拝していると、御随身はだの宰相が御使に来て出自や名や年を問う。宮は御父天智天皇が木の丸殿においでの頃、御幸の折に袖姫を見初めたのだった。宮の兄大友王子は邪悪ゆえ父帝の逆鱗に触れ大内を離れ「袖姫を弟が后にするとは何事。待ち伏せして奪い取れ」と橘興主に命ずる。吉野の里の潔白の隠士大滝岩戸左衛門は、大友が宮を捕らえ島流しにする噂を七草摘みに出た妹晒名から聞き、宮の牢輿に立ちはだかる。岩戸の下人八蔵は吉野川で供御の魚を捕ってきたが、蔵王堂の前で飴宝引きに誘われ、岩戸が渡した節分に焚く薬の銭を皆使い、飴巾着だけを引いて帰り、晒名にやろうと言う。岩戸は大勢を追い散らし宮を奪い我が家でいたわる。宮は感謝するが大友に奪われた袖姫を案じ心痛を訴える。妻籠長者の婿花垣求馬と袂の前は百姓夫婦に窶し袖姫に他所ながら会う。大友は位に就く。
(下)求馬は袖姫を奪い返そうと心を砕き、衛士に酒を勧め、代わって篝火を焚き休憩を勧める。夫婦で御殿間近に来ると、節分の夜で、岩戸が追儺の鬼の面を奪い、装束を引剥ぎ、毎年節分に雇われる日傭の鬼が命はお助けと頼んでいる。殿上人が桃の弓に葦の矢で厄鬼を射、豆を撒く。岩戸は奪った鬼の面を被って大友の殿中へ忍び入り、袖姫を奪って浄御原の天皇へ奉る。求馬は袖姫の行方を尋ねて女房袂の前と吉野の山へ入る。晒名が供御の残りの魚を川へ流すと、忽ち悉く生き返り水に戯れ遊ぶ。晒名は「玉座へ還幸の印。これを国栖の占方と申します」と祝う。大友は袖姫を奪い取られ、宮の謀だろうと夜叉のような勢いで馬を引き寄せ「者ども続け」と唯一人吉野山へ馳せ着くと、一群の雲が覆い下り蔵王権現現われ大友を馬から引下ろし殺し給う。稲塚郡司と妻籠求馬は大友の家来を皆討ち取る。大友滅び浄御原宮が御位に即かれ天武天皇と申し奉る。妻籠求馬。岩戸左衛門。晒名は命婦を賜り、国栖の女と申す国栖笛の役である。(木村八重子)(2016.2)
(紹介)「未紹介黒本青本67」(日本古書通信 第1039号、2016年2月、木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929655/1