国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

貞女戀目雙六 3巻

情報
コマ
/24
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本3冊(合1冊)、富川房信画、題簽「新版/貞女戀目雙六 上」、鶴の丸あり版元は鶴屋、柱題「乞目双六上(中・下)」。東洋文庫(岩崎文庫)、東京大学図書館にもあり。
(内容)平家を滅ぼした後、蝦夷の王となるまでの義経物語。
(上)義経は平家滅亡後酒色に溺れ、鎌倉の使者番場忠太が両女の一人を人質にと言う。義経は玄宗皇帝に倣い京の君と静御前に盤双六を打たせる。静御前の異母兄松井権藤太は梶原と通じ、義経の胤を宿す京の君を人質にという。義経四天王の一人亀井六郎が松井に切りつけると、松井は亀井の刀を義経下賜の名笛で受け亀井を罪に落とす。松井は、呑んで寝入った五斗左衛門を討てと人々に命じ、五斗はむっくと起きて松井に手向かう。伊勢三郎は五斗を見込んで懐妊中の京の君を託し、五斗は御厩喜三太の異母兄と名乗り引き受ける。
(中)松井は五斗の留守に京の君を奪い、五斗の女房を殺して梶原方へ。五斗は途中で追いつくが敵に首を取られ、首だけで御難を救おうとする。亀井は義経の勘当で武者修行中、五斗の首が「京の君を奪われた、刀を貸せ、仇を討つ」という。京の君を受取った梶原は、義経を味方に頼朝を滅ぼし、次いで義経を滅ぼすつもりだが、義経が味方に付かぬなら京の君を殺す計略。梶原が広げる連判状を五斗の首が銜(くわ)えて行く。亀井は首に従って来、松井を生捕り京の君を奪還する。梶原は我が悪を隠すため頼朝へ義経を讒訴する。
(下)頼朝は讒言を信じ土佐坊を堀川夜討に向かわすが土佐坊は生捕られる。京の君は若君を安産、亀井は勘当を許される。義経は奥州秀衡を頼るが泰衡が高館を攻め、鞍馬の僧正坊から賜った一巻に「蝦夷へ渡るべし」とある。梶原は若君を奪うが五斗の首が梶原を食い殺し成仏。亀井は番場忠太を踏み殺し梶原を討ち取る。義経は蝦夷に渡り、おきくるみ大王となり皆々敬いかしずく。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929674/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。