国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

冨貴草 3巻

情報
コマ
/24
コマ移動
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
印刷
JPEG
全コマDL
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本3冊(合1冊)、富川房信画、柱題「冨貴艸(草)」。この題名で当館と東京大学図書館にある。内容は、『鬼女面福貴艸』(当館請求記号:本別13-5)黒本3冊に同じ。この題簽は「風流/新版/鬼女面福貴艸 上(下)」、欠の中冊分の題簽は東洋文庫(岩崎文庫)と『青本絵外題集』1(貴重本刊行会、1974.7)142頁にあり。題簽により版元は松村、卯(明和8[1771])年刊。
(内容)飛騨の彫物師の孝行娘。
(上)飛騨の彫物師太郎兵衛の美しい女房は、三浦左衛門義春の奥方に勤め、娘おこなを設け、夫婦睦まじく暮らすが、虚言他言という二人の眷属を使役し、色欲淫乱で邪法を行う霊鷲山の乾の大魔王渡陸天(とろくてん)に奪われる。太郎兵衛は白髭明神へ百日参り、神の告で様子を知り天竺に渡る。他言の子の口松に銭をやり、(中)進物を持参して他言に取り入る。他言は魔王の留守に女房を奪い日に三千里走る舟に乗せ他言無用にと別れる。大魔王は大川の水を飲み干し船を吸い寄せんと怒り、白髭明神が難儀を救う。年月経ち太郎兵衛は死去し、貧しいおこなを家主庄右衛門が預かる。家主の甥五郎蔵がおこなに惚れてつきまとう。おこなは父の細工を見覚えて母の面を刻み着物を着せて朝夕仕える。五郎蔵はおこなが拒むので般若の面に入れ替える。おこなが機嫌を伺うと母の面が鬼女となった故嘆き悲しむ。(下)おこなは面を風呂敷に包んで母の許へ行く途中追剥に遭い、白髭明神を念ずると俄に雷雨となったので般若の面を被り髪振り乱すと盗人ども驚き逃げ去る。上意で盗人を生捕った三浦家の沢田宗右衛門秋重は、おこなの孝行を感じ弟宗五郎重春に娶せ、おこなはいよいよ母に孝を尽くす。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929764/1

機能マウス操作キーボード操作
次のコマに進む ビューア部右端をクリック
前のコマに戻るビューア部左端をクリック
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示する サムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。