国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

間取兼通 2巻

コマ番号
/15

解題/抄録

書誌の解題/抄録
青本2冊(合1冊)、題名は書外題により、本来の題名未詳、柱題「まとり」(第5丁のみ「しゆてん」)、所蔵は当館のみ。
(内容)竹田出雲作の浄瑠璃「大内裏大友真鳥」の草双紙化。 
(上)主水司は奇怪な咲分梅などを貢物とし、馬が鹿を生む凶兆。九州探題大友真鳥が神社仏閣を焼払い民百姓は難儀。高村兼道が真鳥の討っ手を命ぜられる。真鳥は兼道の許嫁香取姫に横恋慕し家来熊王に奪わせる。兼道は香取姫に会うが蛤の片方を形見に渡し別れる。熊王が雅道の命が惜しくば倅兼道の首をと使者に来、母雲井御前が承知するので、執権蔵人の女房立波は合点行かぬ。家老主計(画面では「数」)が(兼道と双子の)三笠村の百姓助八を身替りに連れて来、兼道と、助八の首を並べて鏡に映す。雲井御前嘆く。主計は切腹して餞(はなむけ)とする。
(下)兼道は助八の蓑笠を着て土民の姿となり真鳥の馬を引き留め戦う。助八の首が獄門に掛かり、香取姫は兼道の首と思い盗む。兼道は狐に憑かれた助八を装う。助八の許嫁お作は気の毒がる。不審がる香取姫に兼道は事情を話し蛤を合わせる。五郎又は様子を立ち聞き、妹お作に見とがめられ、助八の母に鑓(やり)で突かれ、兼道の家来矢島新兵衛倅と名乗る。獅子丸がここに押し寄せ、五郎又は手負い姿で「兼道の首」と助八の首を渡し獅子丸を欺く。麒麟大王(真鳥)と文武天王と運定めの鶏合せに、文武天王方の白藤という名の鶏が勝ち、丸山という名の鶏は負ける。金石丸は擬勢(ぎせい)する。兼道は真鳥の首を鎌で掻き落とし、首は舞い上がり火焔を吐く。五郎又は兼道に加勢して共に真鳥を平らげる。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929792/1