国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

熊坂長範こせきの松 2巻

コマ番号
/16

解題/抄録

書誌の解題/抄録
黒本2冊(合1冊)、題簽破損、富川吟雪画、柱題「こせきのまつ上(下)」。題簽「熊坂/長範/世語古跡松 下」(振り仮名:よがたりこせきのまつ)を有する大東急記念文庫本と同内容、「熊坂/長範」は角書。題簽の商標と馬の意匠により、午(安永3[1774])年の松村版。
(内容)熊坂長範もの。
(上)保元の乱に為義に従った赤井ちか政は、嫡男藤次みつ政に「平治の乱で離散した源氏を助け再び都に白旗を靡かせよ」と言う。熊坂太郎長範(ながのり)は剛強だが口がきけず、ひどく貧しい暮らしをしている。赤井は都の吉相と口のきけない妹娘の平癒祈願に氏神に詣で、熊坂の弓の力量に、役立つ若者と見て情を掛ける。村人が、口がきけない者の妙薬は同病者の生肝、と熊坂の肝を勧める。熊坂は立聞き、赤井を訪ね一宿し、娘を殺して肝を呑み言舌さわやかになり赤井も殺す。諸国の源氏の侍は牛若を訪ねて主従となり、秀衡は奥州へと誘う。熊坂は長範(てうはん)と改名し盗賊の頭に。(下)藤次は報告に帰り父の仇は熊坂と知る。牛若出立ち関原与市を討つ。壬生の小猿は街道の行列や宿所を見届け「今宵奪うべし」と報告、手下は下部や六部の姿に窶して宿所に入り込む。八つを合図に押し寄せるが、牛若は手下49人を討つ。熊坂は一旦退くが、「あんな小冠者」と思い引き返して牛若に討たれる。藤次は父と妹の仇熊坂を切る。街道穏やかになり、物見の松の下を旅人が行き交う。牛若は平家を西海に滅ぼし源氏の御代とする。(木村八重子)
(紹介)木村八重子「未紹介黒本青本」41(「日本古書通信」第1013号、2013.12)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929857/1