国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

うすゐの貞光

コマ番号
/17

解題

書誌の解題
黒本2冊(合1冊)、富川房信画、柱題「うすゐの貞光」(第1-4丁)「うすいの貞光」(第5丁)「碓ゐのさたミつ」(第6-10丁)。同内容の東北大学狩野文庫本に題簽「碓氷貞光奉公始 上(下)」あり、「未」と鶴の丸より未年(宝暦13年[1763]と推定)の鶴屋版。
(内容)諫鼓(かんこ)苔深く鳥驚かぬ治世を布いた源頼光は、天延3年(975年にあたる)10月23日の夜の夢に碓氷峠で猪を突き伏せたが四足がなく諏訪明神が四足を給うと見、渡辺綱、卜部季武を召して夢の様子を語り、智勇優れた人を抱えんという。碓氷峠辺の荒太郎貞道は、「先祖は橘氏、諏訪明神の申し子なので良将に仕え家名を興せ」との父の遺訓を忘れず、獣との力業や剣術を試みる。18歳の時諏訪明神に参籠して「頼光の肱臣(こうしん)とならん」との示現を被る。貞道は相模に行き渡海の舟に便船し上総に着く。疲れて道の真中に眠り頼光の目に止まる。渡辺綱が後に残って試みに剣術優れた者に捕らえさせると、貞道は目覚めて人々を投げ散らし渡辺に摑み掛かったので、頼光の家臣となり、光の一字を頂き貞道を貞光と改める。頼光は貞光に続いて坂田金太郎を得、綱、季武、貞光、金時を須弥の四周に擬して君補翼の四天王と称した。『前太平記』巻第16の後半に拠る。(木村八重子)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

コンテンツURL

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8929904/1