国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。曲亭馬琴著・北斎辰政(葛飾北斎)画。享和4年(1804)刊。2巻2冊。
「権八(ごんぱち)」・「濃紫(こむらさき 小紫)」の情話に「幡随(ばんずい)長兵衛」のからむ、江戸周辺の巷説に基づく。前半は、葛飾郡の郷士「平井右内(うない)」の息子「権八」が「本所助太夫」を殺害して逃走するまでで、建部綾足『西山物語』に描かれた親族間の不和が右内と助太夫に、両家の若い男女の恋が右内の娘「おつま」と助太夫の弟「助市」に移されている。ただし本作では右内の計らいで助市・おつまは夫婦となり、助市は権八を敵と狙う。
後半、権八は俠客長兵衛にかくまわれ、女装して吉原の遊女三浦屋「濃紫」に預けられる。権八・濃紫(幼名「おきじ」)はもと許婚だったが、右内の犯した殺生の罪(雉のたたり)により絶縁したとされており、二人が再会して奇縁を知ることが、浮世草子『風流曲三味線』を踏まえて(水野稔、1964.3)本作の眼目となっている(大高洋司、2010.5)。ただ、後の馬琴読本のように厳格な因果応報は適用されず、権八・濃紫は自害、おつまは権八に誤殺され、助市は行方不明になるなど、異例に長い自序とも呼応した「比翼塚」の由来譚は、馬琴初期の作例として注目に値する。髙木元による翻刻・解題が『叢書江戸文庫25 中本型読本集』(国書刊行会、1988.1)に収まる。(大高洋司)(2017.2)
(参考文献)水野稔『江戸小説論叢』(中央公論社、1974.11 初出1964.3)
大高洋司『京伝と馬琴 〈稗史もの〉読本様式の形成』(翰林書房、2010.5)

目次・巻号

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。