国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。小枝繁著・蘭斎北嵩画。文化5年(1808)刊。2巻2冊。
主人公男女が「粂介(くめのすけ)」・「梅児(おうめ)」であること、作中高野山が重要な舞台となることは、自序に言うように浄瑠璃『角額嫉蛇柳(つのびたいうらみのじゃやなぎ)』(近松門左衛門『心中万年草』の改作)に基づくもの。しかし本作では、妖剣の祟りにまつわる仇討ち話に改変されている。
もと赤松家の武士である刀鍛冶「虚六平(きょろくへい)」が殺したカマキリとセミの魂魄が、折から鍛えていた短剣に宿り、高野聖「仁海(じんかい)」の手放すようにとの勧告を拒否したまま虚六平は衰弱死、妻「小藤(こふじ)」は飢えた老母を救うために、短剣を添えて二歳の男子を捨てに行くが、老母は短剣を奪いにきた悪者「強八(ごうはち)」に殺害されてしまう。小藤は出家、男子は仁海に拾われ、「粂介」と名づけて高野山の麓に住む剃刀屋「孫次六(まごじろく)」夫婦に預けられる。その娘が「梅児」(巻之上)。
巻之下前半では、逃亡した強八が、殺害した情婦「雪路(ゆきじ)」の怨恨により蛇に腹を巻かれ(「蛇(くちなわ)道心」説話に依拠 堤邦彦、1996.7など)、仁海に救われて高野山で「道珍」と名のる。同後半で、なおも悪心已まない道珍は、孫次六の下僕と組んで粂介・梅児を陥れようとするが、再び蛇に巻かれる。一方女人堂で母小藤と再会した粂介は、祟りの消滅した短剣で道珍(強八)を討ち、仁海の諭しにより還俗、梅児を妻とし赤松家に仕える。
終結部分に、短剣の因果がそれまでの展開と絡めて説明され、馬琴読本などに顕著な〈読本的枠組〉(大高洋司、2010.5など)の役割を果たしていることが分かる。髙木元による翻刻・解題が『叢書江戸文庫25 中本型読本集』(国書刊行会、1988.1)に収まる。(大高洋司)(2017.2)
(参考文献)堤邦彦『近世仏教説話の研究 唱導と文芸』(翰林書房、1996.7)
大高洋司『京伝と馬琴 〈稗史もの〉読本様式の形成』(翰林書房、2010.5)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。