国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。柳亭種彦著。前編優遊斎桃川画、文化5年(1808)刊、2巻2冊。後編葛飾北斎画、文化6年(1809)刊、2巻2冊。
良く知られた「助六」と吉原の傾城「総角(通常は「揚巻」)」の歌舞伎狂言を山場として、全体を組み立てる。本作では、助六は安房国里見家家臣の三男で、父の没後、家の横領と主家への謀叛を企む叔父「意久」と手下の「閑寺門平」の計略により、家の重宝「蛇形丸(じゃかたまる)」を盗まれ、次兄は長兄を誤殺して切腹、助六は配下「朝顔専平」と共に宝剣を詮議し意久の悪事を追及して仇討ちに至る。そこに総角以下複数の女性が絡む。総角には生き別れになった双生児の姉「早舟」がいて、助六長兄の側室となり後に出家、総角の妹女郎「白玉」はもと助六の家の腰元である。この2女性の艱難辛苦が宝剣奪還と助六の帰参につながり、総角・早舟の父親「白酒売りの十兵衛」が背後で大きな役割を果たす。「助六」狂言の登場人物を使いながら、「総角」の物語に比重を置いて小説化した点に本作の読み所がある。総じて前編より後編の方が筆力に優れ、絵師も交替している。
なお掲出本は、後編上巻26丁にあたる箇所に同下巻28丁が入り、後編下巻のその箇所も同じ丁になっている。稀覯本であるだけに残念な落丁である。(大高洋司)(2017.2)

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。