国立国会図書館デジタルコレクション

言語(Language):
トップへ    このデータベースについて    ヘルプ
機能マウス操作キーボード操作スマートフォン/タブレットPC操作
次のコマに進む[次]ボタン
コンテンツ表示エリア右端をクリック
画像を左にフリック
コンテンツ表示エリア右端をタップ
前のコマに戻る[前]ボタン
コンテンツ表示エリア左端をクリック
画像を右にフリック
コンテンツ表示エリア左端をタップ
先頭コマに移動[先頭]ボタンHome[先頭]ボタン
最終コマに移動[最終]ボタンEnd[最終]ボタン
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチアウト
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタンボタン
拡大縮小スライダーバー
ピンチイン
画像を動かす画像をドラッグ画像をドラッグ
フルスクリーン表示[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタンF[フルスクリーン(画面の拡大)]ボタン
フルスクリーン解除[フルスクリーン解除]F[フルスクリーン解除]
画像全体を画面内に収める全体表示ボタンG全体表示ボタン
画像の横幅を画面内に収める幅合わせ表示ボタンH幅合わせ表示ボタン
左90°回転左90°回転ボタンJ左90°回転ボタン
右90°回転右90°回転ボタンK右90°回転ボタン
画面左の書誌情報を消す[▼書誌情報]をクリック[▼書誌情報]をタップ
画像を表示する領域を広げる
(黒い部分を小さくする)
[表示領域設定]ボタンをクリックし、設定数値を大きくする*S[表示領域設定]ボタンをタップし、設定数値を大きくする
印刷/保存[印刷/保存]ボタン*P[印刷/保存]ボタン
JPEG形式で表示[JPEG表示]をクリックし倍率を設定[JPEG表示]をタップし倍率を設定
特定コマのURLを表示する[URL]ボタン*U[URL]ボタン
サムネイル一覧を表示する[サムネイル一覧]ボタンT[サムネイル一覧]ボタン
音声/映像を再生する再生ボタンP再生ボタン
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP一時停止ボタン
音声/映像を停止する停止ボタンS停止ボタン
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW4:3ボタン
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW16:9ボタン
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※ドラッグには対応していません。
←→シークバー
音声を消す(ミュート)ミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)Mミュートボタンミュートボタン(ミュート状態)
音量を調整する音量スライダー↑↓音量スライダー

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。

解題/抄録

書誌の解題/抄録
中本型読本(〈中本もの〉)。感和亭鬼武著・蹄斎北馬画。文化5年(1808)刊。2巻2冊。
題名の「函嶺」は箱根。承久(鎌倉中期)の頃、駿河国知夫(ちふり)家の臣「託麻軍記(たくまぐんき)」は姦計を設けて同輩「穂浪弾番(ほなみたんば)」を殺害し、弾番の忠臣「直入容助(なおりようすけ)」に罪を着せる。弾番の妻子が、助太刀を得て箱根山中で仇討ちを遂げる。
自序に、作意は「華林戯(しばゐ)」に基づき文章は「音節談(じやうるり)」に拠るといい、また自跋に言うように、「三(山)荘太夫(さんせうだゆふ)」の物語を大きく踏まえたことが本作の趣向である。
家中を追放された穂浪の妻「美含(みぐみ)」と娘「朝来(あさこ)」・「要人(かなめ)」は、もと穂浪の臣「荒灘(あらなだ)堂右衛門」の誤認により、母は伊勢国、子供は伊豆国熱海の「岩尾喜間太(いわおきまた)」に売られる。子供たちは艱難を経て、直入容助の弟「容二郎」と堂右衛門に救われる。岩尾の娘の犠牲死などもあり、岩尾は託麻軍記に頼まれて穂浪弾番を殺したのは自分であると告白して切腹する。改心した堂右衛門が美含をも救出し、直入容助の亡魂が主君の仇討ちを助ける。
手慣れた筆で、文化5年当時の〈中本もの〉の水準を示す作と言えよう。職業作者鬼武の活動については、鈴木俊幸(1986.6)・髙木元(1995.10)の研究に詳しい。(大高洋司)(2017.2)
(参考文献)鈴木俊幸「寛政期の鬼武」(『近世文芸』44、1986.6)
髙木元『江戸読本の研究 十九世紀小説様式攷』(ぺりかん社、1995.10)

目次・巻号

書誌情報

簡易表示

詳細表示

左の「目次・巻号」から▶をクリックし、目的の巻号を選んでください。