国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

樺戸月形秘話雑話 : こぼればなし

情報
URL表示
操作方法

目次・巻号

  • 樺戸月形秘話雑話 : こぼればなし [133]
    • 目次
    • 一 監獄水道の水源地との出遇い/9
    • 二 月形町の水道は日本で一番古い/11
    • 三 のろしをあげて測量した峰延道路/15
    • 四 見返りのニレの木/17
    • 五 月形の杉林は、北限でなくなった/21
    • 六 月形の高井呉服店は、札幌の丸井デパートより金持ちであった/23
    • 七 月形小学校は北海道の学習院/26
    • 八 樺戸監獄の看守にはピストルを持たせた/28
    • 九 囚人が薬剤官にプレゼント/29
    • 十 映画俳優の黒木しのぶは、看守長の娘だった/30
    • 十一 安村二代典獄は、高橋お伝の死刑の検死役を勤めた/32
    • 十二 黒沢七代典獄の先代は、井伊大老を襲った/33
    • 十三 山本五十六元師の兄は樺戸集治監に勤めていた/34
    • 十四 監獄と文献/36
    • 十五 月形に残る名筆/39
    • 十六 熊坂長庵(文化囚)の絵/43
    • 十七 彰義隊の生き残りの看守/46
    • 十八 稲妻強盗に死刑の言渡し/48
    • 十九 月形に住んでいた有名人/49
    • 二十 古老の話/53
    • イ 囚人に意見される 野村米蔵さん/53
    • ロ 放免囚秘話 吉川初太郎さん/53
    • ハ 囚人と乗船 名雲ハルさん/54
    • ニ 囚人と稲作 笠原イセさん/55
    • ホ 樺戸集治監と造幣局 今井勲子さん/57
    • ヘ 樺戸集治監と札比内分監との連絡 熊谷モトさん/58
    • ト 逃亡囚と看守 新関権一さん/59
    • チ 北漸寺建築と囚人 鶴原道見さん/60
    • リ 養蚕と樺戸集治監 長谷川長次郎さん/60
    • ヌ 囚人逃走現場目撃 青野正雄さん/61
    • ル チョンマゲ爺さんとオンコの棺桶 西山太郎左エ門さん/62
    • ヲ 廃監近い監獄水田 神馬文五郎さん 笠間けさのさん/65
    • ワ 吉田松陰門下生の看守長 宮嶋佐司平さん/67
    • カ 荒川村長の奥さんは、乃木大将の姪だった 宮嶋佐司平さん/67
    • ヨ 馬の診療所通い 笠間盛治さん/68
    • タ 月形の水道 丸山四郎吉さん/69
    • レ 看守の子供の同級生にひやかされる 山口吉男さん/69
    • ソ 脱獄囚と遇った生き証人 中島テルさん/70
    • ツ 佐藤兄弟の著書 佐藤クヨ・宮嶋佐司平さん/72
    • ネ ライ患者の看病に一生を捧げた人 宮嶋マツさん/73
    • 二十一 樺戸集治監を将棋駒に見たてた看守長/75
    • 二十二 五寸釘寅吉は樺戸で三回脱獄した/78
    • 二十三 熊坂長庵はシロか?/79
    • 二十四 美唄と樺戸集治監/82
    • 二十五 宮嶋耕地の開拓/87
    • 二十六 監獄墓地と慰霊祭/89
    • 二十七 温床田植異聞/94
    • 二十八 北海道行刑資料館/96
    • 二十九 熊取り名人 上葛伊助さん/110
    • 三十 五耕地山の熊討ち/113
    • 三十一 月浜開拓第一陣は拓北農兵隊/115
    • 三十二 月形炭砿の索道よも山話/123
    • 三十三 野馬追いの行事/125
    • 三十四 とうきび列車/127
    • 三十五 薪の上の捨て子/129
    • 三十六 ライオンズクラブのチャーターナイト/131
    • 三十七 縁の下の力持ち登坂 萬さん/133
    • 三十八 女子修道院で映画ロケが行われた/135
    • 三十九 セスナ機(そよ風号)墜落/137
    • 四十 詩集「いのちおわるとき」出版と雪の聖母園、木内園長/140
    • 四十一 メロン名人 川村清次郎さん/142
    • 四十二 狐につかれた鈴木峰雄さんと大倉春蔵さん/144
    • 四十三 ニューミュージック歌手は月形小、中学校卒業生/146
    • 四十四 六号台風大水害/147
    • 四十五 南月形ダム完成/149
    • 四十六 オンコの鶴と亀/151
    • 四十七 日本農業賞受賞その後/153
    • 四十八 月形町開基百年内話/155
    • 四十九 テレビ放送と月形町/157
    • 五十 月形町に来た歌い手たち/161
    • 五十一 俳優・山本麟一が月形に来たことがあった/164
    • 五十二 月形小学校開校百周年三題/166
    • 五十三 全道高校駅伝大会/176
    • 五十四 献眼第一号和田友孝さん/178
    • 五十五 仏像百体彫刻完成/179
    • 五十六 ピアノコンサート/181
    • 五十七 将棋と月形/184
    • 五十八 月形刑務所開所/189
    • 五十九 月形町郷土史研究会発足/192
    • 六十 映画「北の螢」と月形典獄/194
    • 六十一 行刑の町「月形町」/196
    • 付録
    • イ 民間に眠る文化財/212
    • ロ 新聞スクラップ/219

書誌情報

簡易表示

詳細表示

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/9571836/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
左90°回転左90°回転ボタンJ
右90°回転右90°回転ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
←→
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。