国立国会図書館デジタルコレクション

国立国会図書館デジタルコレクションについて

目次

  1. 国立国会図書館デジタルコレクションとは
  2. ご利用にあたって
  3. 動作環境
  4. 資料の概要説明
  5. 図書館向けデジタル化資料送信サービス
  6. 収集・保存したウェブサイト
  7. メタデータの提供について
  8. よくあるご質問

1. 国立国会図書館デジタルコレクションとは

国立国会図書館デジタルコレクションは、国立国会図書館で収集・保存しているデジタル資料を検索・閲覧できるサービスです(収集・保存したウェブサイト、CD/DVD等のパッケージソフトは除く)。沿革については「国立国会図書館デジタルコレクションの歩み」 をご覧ください。

このページの先頭へ戻る▲

2. ご利用にあたって

  • デジタル化資料は、発行当時の資料をそのままの形でデジタル化しています。
    現代においては適切ではないと思われる表現を含む資料がある可能性もありますが、その資料が成立した時代を表す歴史的資料として、ご理解・ご留意の上でご利用くださいますようお願いいたします。
  • 収録資料の著作権(著作隣接権)は、各資料の著作権者(著作隣接権者)に帰属しています。
    公衆送信権についての権利処理が完了したものについては、インターネットでの提供を行っています。収録資料の転載等の利用については、「国立国会図書館ウェブサイトからのコンテンツの転載について」をご覧ください。(ただし歴史的音源については、システム等の都合上、現在は転載等には対応しておりません。)
  • 公開範囲について
    収録資料は、資料ごとそれぞれの状況に従い、コンテンツ(本文、音源など)を以下3つの公開範囲で提供しています。 なお、書誌情報(タイトル、著者、出版者など)や目次情報は、インターネット公開資料だけでなく、図書館送信資料、国立国会図書館内限定資料についても、インターネットから検索・確認いただけます。
このページの先頭へ戻る▲

3. 動作環境

以下の環境で動作を確認しています。

このページの先頭へ戻る▲

4. 資料の概要説明

現在提供中の資料は以下の通りです。

(1)デジタル化資料

当館または連携機関が所蔵するアナログ媒体資料(紙資料、レコード等)をデジタル化したものです。
国立国会図書館の資料のデジタル化事業については、以下のページをご覧ください。

デジタル化資料が収録されているコレクション一覧
コレクション名 収録点数*1 収録タイトルリスト 収録コンテンツ
図書 90万点
(35万点)
オープンデータセット 国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報 当館が1968(昭和43)年までに受入れた戦前期・戦後期刊行図書、議会資料、法令資料及び児童書からデジタル化した資料を収録しています。
雑誌 123.5万点
(0.9万点)
オープンデータセット 国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報 当館が所蔵する雑誌、児童雑誌からデジタル化した資料を収録しています 。
古典籍資料(貴重書等) 9万点
(7万点)
オープンデータセット 国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報 当館が所蔵する貴重書・準貴重書をはじめとした江戸期以前の和古書、清代以前の漢籍などからデジタル化した資料を収録しています。
タイトル単位で解題、画像単位で翻刻をつけてある資料もあります。
博士論文 (1)14万点
(1.5万点)
(2)2万点
(1)1991~2000年度に送付を受けた論文
オープンデータセット 国立国会図書館デジタルコレクション書誌情報
(1)1991~2000年度に送付を受けた論文
国立国会図書館でデジタル化したものを収録しています。そのうち許諾をいただいた博士論文について、主論文部分(「副論文」、「参考論文」を除く部分)をインターネット上で公開しています。
(2)2013(平成25)年度以降に学位授与され、国立国会図書館が電子形態で収集した博士論文
学位授与大学から電子形態で送付された博士論文を収録しています。そのうち許諾をいただいた博士論文についてはインターネット上で公開しています。
※一部博士論文については学位授与大学からの申し出により、国立国会図書館内でもご利用いただけません。ご利用場所については「書誌情報」をご確認ください。
※博士論文の利用方法全般に関して詳しく知りたい方は当館の調べもの案内サービス リサーチ・ナビ「博士論文」を、お探しの論文を当ページで検索しても見つからない方は国立国会図書館サーチをご参照ください。
官報 2万点
(2万点)
- 1883(明治16)年7月2日から1952(昭和27)年4月30日までの官報を収録しています。
※上記期間以降の官報は国立印刷局の官報情報検索サービスで提供されています。
OFFICIAL GAZETTE; ENGLISH EDITION(英文官報)は雑誌コレクションに収録しています。
憲政資料 300点
(300点)
- 近現代の日本の政治家・官僚・軍人などが所蔵していた資料を、旧蔵者別に整理した憲政資料室のコレクションのうち、国立国会図書館の電子展示会で使用したものを収録しています。
日本占領関係資料 4万点
(4万点)
- 国立国会図書館憲政資料室で公開している、戦後の日本占領に関するアメリカ公文書等のうち、一部の資料群を収録しています。リサーチ・ナビ「国立国会図書館デジタルコレクションで利用できる資料群」ページを参照してください。
プランゲ文庫 4万点 - プランゲ文庫は戦後GHQが検閲のため集めた日本国内出版物で、米国メリーランド大学で所蔵しています。
このプランゲ文庫のうち、デジタル化して当館が収集した図書、雑誌等を収録しています。
録音・映像関係資料 - - 歴史的音源、脚本、手稿譜、科学映像コレクションに含まれる資料を収録しています。
歴史的音源 5万点
(0.1万点)
歴史的音源について 件数・音源リスト 1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された、音楽・演説等の音源をデジタル化したものを収録しています。
※デジタル化は歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が行いました。音源の元になったSP盤、金属原盤等は、国立国会図書館では所蔵していません。 国立国会図書館か、歴史的音源の配信提供に参加している公立図書館等にお越しいただくと、全音源を聞くことができます。
脚本 35点
(2点)
- 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから国立国会図書館に寄贈された1980年以前の放送脚本(テレビ・ラジオ番組の脚本・台本)のうち、デジタル化したものを収録しています。
手稿譜 18点 - 国立国会図書館が収集した明治期以降の日本人作曲家の手稿譜及びその関連資料のうち、デジタル化したものを収録しています。
科学映像 300点 - NPO法人科学映像館を支える会が発掘し、フィルムからデジタル化した科学映像や記録映像のうち、同会から国立国会図書館に提供された作品を収録しています。1950年代から1990年代に製作された映像作品が中心です。
石巻日日新聞 6点
(6点)
- 石巻日日新聞社のご協力により、東日本大震災後に発行された壁新聞(2011(平成23)年3月12日~3月17日分)を収録しています。
石巻日日新聞壁新聞は、東日本大震災に関連する資料として国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(愛称:ひなぎく)にも収録しています。
点字データ 200点
(200点)
テキスト版点字データ一覧(TXT: 19KB) 国立国会図書館が視覚障害者等用データの収集事業の中で各機関から収集した点字データです。
参考:視覚障害者等用データ送信サービス(視覚障害者等個人の方向けのご案内)
  • *1 100点以上の収録点数は概数。また()内はインターネット公開点数を示す。

(2)電子書籍・電子雑誌

オンライン資料収集制度に基づき収集した資料を含め、当館が収集したインターネット上の刊行物(ウェブサイトに掲載された白書、年鑑、報告書、広報誌、雑誌論文など)を収録しています。
(参考:インターネット資料収集保存事業, オンライン資料収集制度(eデポ)

このページの先頭へ戻る▲

5. 図書館向けデジタル化資料送信サービス

国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、公共図書館・大学図書館等(国立国会図書館の承認を受けた図書館に限ります。)にデジタル画像を送信し、各図書館で画像の閲覧等の利用ができるようになるサービスです。

このページの先頭へ戻る▲

6. 収集・保存したウェブサイト

インターネット資料収集保存事業(WARP)でご覧ください。

このページの先頭へ戻る▲

7. メタデータの提供について

以下の2つの手段で、国立国会図書館デジタルコレクション収録資料の書誌情報などを取得することができます。

このページの先頭へ戻る▲

8. よくあるご質問

以下をご覧ください。

このページの先頭へ戻る▲