国立国会図書館デジタルコレクション

歴史的音源の公立図書館等への配信提供に関するページ

目次

このページについて

このページは、図書館への歴史的音源の配信提供に関する情報を掲載します。

歴史的音源について

平成19(2007)年、歴史的・文化的資産である初期のレコード(SP盤)及び原盤の劣化、散逸等による音源の喪失を防ぐため、日本放送協会(NHK)、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)、社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)、財団法人日本伝統文化振興財団、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)及び一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)の6団体が参加して歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が設立されました(名称は当時)。そして、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等、約5万の音源のデジタル化を開始しました。

当館は、これらの貴重な音源を広く国民に公開するため平成23年5月から歴史的音源の提供を開始しました。平成25年9月に、HiRACによりデジタル化が行われた全音源、約5万音源の追加提供が完了しました。

HiRACプレスリリース(日本レコード協会ウェブサイト内)

国立国会図書館月報 606号(2011年9月)

音の歴史を残す(p.4~)(PDF)

  • P.4「SP盤のデジタル化 利用と保存の両立をめざして」(公益財団法人日本伝統文化振興財団理事長 藤本 草 氏)
  • P.7「歴史的音源の提供」(関西館電子図書館課)

配信参加館内ではすべての音源を聴くことができます

現在、著作権及び著作隣接権の保護期間満了が確認できた一部の音源は、インターネット上でどなたでもお聴きいただけます。一方、上記以外の大部分の音源は、国立国会図書館または歴史的音源の配信提供に参加いただいた図書館(=配信参加館)の施設内でのみの利用となっています。配信参加館は、自館内で著作権・著作隣接権保護期間内にある音源を含めたすべての音源を図書館利用者に提供(ストリーミング再生のみ)することができます。参加のための費用はかかりません。

収録音源と音源リスト

主に1900年代初頭から1950年頃に録音された、落語、長唄、楽曲(ギター、琴、尺八等)、歌劇、浄瑠璃(義太夫節、清元節、常磐津節)、浪花節、歌謡曲、講演、ジャズ等、様々な音源が含まれています。

個別のタイトル等をご覧になりたい場合は、リストをダウンロードしてご確認ください。各音源には、HiRACが付与した件名のほか、当館の統制語彙に拠る件名も付与されています。

リスト(CSV形式) 全音源(2015年10月現在) | インターネット公開音源(2015年10月現在)

リスト(XLSX形式) 全音源(2015年10月現在) | インターネット公開音源(2015年10月現在)

配信提供に参加できる図書館

公立図書館が対象です(図書館法(昭和25年法律第118号)第2条が定める公立図書館またはこれに準じる機関)。
※公立図書館以外の図書館、調査研究機関についてはお問合せください。条件により、参加できる場合があります。

参加規定に同意の上、申請書をお送りいただいた図書館に対して配信を実施いたします。

参加方法

  1. インターネットに接続したPCをご準備ください。
    必要に応じて、ヘッドフォン等もご用意ください。
  2. 再生環境が整っているか動作確認をしてください。
    次のページを開き、音源(インターネット一般公開の音源です)を再生できるかご確認ください。
    http://rekion.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1331391
    次のような画面が表示され、音が出ればOKです。
    再生イメージ
    再生できない場合
    このサービスは、以下の環境で動作を確認しています。ブラウザのバージョンやプラグインのインストールの有無をご確認ください。
    • OS:Windows
    • ブラウザ:Internet Explorer 11、Firefox 38、Google Chrome 29
    • 歴史的音源の再生:Adobe Flash Player 20

  3. 図書館のネットワーク環境をご確認ください。
    配信提供に参加するには、配信先の図書館のPCがインターネットへアクセスする際の、固定グローバルIPアドレスを当館に通知していただく必要があります。
  4. PCに、データの複製や送信を防止する措置を講じているかご確認ください。
    • 外部記憶装置等の接続を防ぐ措置
    • PCへのソフトウェア等のインストールを防ぐ措置
  5. 参加申請書PC・ネットワーク環境チェックリストに必要事項をご記入の上、メールに添付してお送りください。
    送付先:rekion4Lib{at}ndl.go.jp 国立国会図書館関西館電子図書館課 歴史的音源担当
    ({at}は@に書き換えてください)
    ※この時点では、参加申請書に公印は必要ありません。疎通テスト後に、公印を押した正式な申請書を郵送していただきます。
  6. 疎通テスト
    ご申請後、当館で要件の確認を行いメールでご連絡します。貴館と当館で事前の疎通テスト日程を調整し、当館からテスト手順書とツールをお送りします。
  7. 参加申請書を郵送してください。
    • 疎通テスト後に、公印を押した正式な申請書を郵送してください。
    • 図書館利用者に対して歴史的音源の提供を開始された図書館は、「歴史的音源配信提供参加館一覧」に掲載いたします。あらかじめご了承ください。

ドキュメント類