国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ
 

詳細検索: 資料群=図書 OR 古典籍資料(貴重書等)   著者・編者=高村, AND 光雲, AND 1852-1934   公開範囲=すべて

絞り込み

  • 木彫七十年 [234]
    • 目次
    • 私の父祖/p9
    • 私の子供の時/p14
    • 安床の「安さん」/p18
    • 父の訓誡/p21
    • その頃の床屋と湯屋/p22
    • 高村東雲の生い立/p24
    • 彫刻修業/p29
    • 「木寄せ」その他/p34
    • 甲子年の大黑/p36
    • 佛師の店(職人氣質)/p37
    • 大火以前の雷門附近/p40
    • 名高かった店などの印象/p42
    • 淺草の大火/p52
    • 猛火のなかの私達/p56
    • 燒跡の慘な話/p63
    • その頃の消防夫/p66
    • 猫と鼠/p70
    • 一度家に歸り父に誡められた話/p78
    • 上野戦爭當時のことなど/p83
    • 遊藝には縁のなかった話/p92
    • 年季明け前後/p96
    • 徵兵適齡/p101
    • 家内を貰った頃/p105
    • 堀田原へ引越した頃/p113
    • 初めて博覽會の開かれた當時/p115
    • 店初まっての大作/p121
    • 引き続き作に苦心したこと/p128
    • 東雲師逝去のこと/p130
    • 東雲師沒後のことなど/p137
    • 身を引いた時のことなど/p139
    • 神佛混淆廢止改革された話/p144
    • 本所五ツ目羅漢寺のこと/p147
    • 蠑螺堂百觀音の成り行き/p149
    • 私の守り本尊/p157
    • 實物寫生/p160
    • 脂土や石膏に心を惹かれた話/p164
    • 鑄物の仕事/p167
    • 象牙彫全盛時代/p171
    • 牙彫を排し木彫に固執した話/p174
    • 貿易品の型彫をした話/p179
    • 葦の葉のおもちゃ/p182
    • 熊手を拵えて賣った話/p187
    • 歲の市のこと/p194
    • 東雲師の家の跡のことなど/p197
    • 龍池會の起った話/p199
    • 石川光明氏と心安くなった話/p204
    • 彫工會の成立/p214
    • 會の名のことなど/p224
    • 発會當時及びその後/p227
    • 大病をした時/p230
    • 大隈綾子刀自の思い出/p236
    • 皇居御造營のこと、鏡縁、欄間を彫った話/p252
    • 葉茶屋の狆/p256
    • よき狆のモデルを得た話/p262
    • 四頭の狆を製作した話/p269
    • 鷄の製作を引き受けた話/p278
    • 矮鷄のモデルを探した話/p283
    • 矮鷄の製作に取り掛ったこと/p288
    • 矮鷄の作が計らずも出品された經緯/p291
    • 聖上行幸の當日/p296
    • 天覽後の矮鷄/p299
    • 佐竹の原繁昌の話/p302
    • 佐竹の原へ大[佛]を拵えた話/p305
    • 大佛の末路のあわれな話/p318
    • 學校へ奉職した前後/p323
    • 奈良見物に行ったこと/p334
    • 帝室技藝員のこと/p337
    • 楠公銅像のこと/p343
    • 馬專門の彫刻家/p348
    • 木彫の楠公を天覽に供えた話/p357
    • その他のこと/p362
    • 總領の娘を亡くした頃/p363
    • 栃の木で老猿を彫る/p369
    • 初めて家持ちとなった話/p382
    • 不動の像が縁になった話/p389
    • 門人を置いたこと/p395
    • 西町時代の弟子/p398
    • 谷中時代の弟子/p403
    • 田村松魚の言葉/p416
    • 年譜 中村傳三郎/p419
    • あとがき 高村豐周/p432
    • 目次
    • 私の父祖/p9
    • 私の子供の時/p14
    • 安床の「安さん」/p18
    • 父の訓誡/p21
    • その頃の床屋と湯屋/p22
    • 高村東雲の生い立/p24
    • 彫刻修業/p29
    • 「木寄せ」その他/p34
    • 甲子年の大黑/p36
    • 佛師の店(職人氣質)/p37
    • 大火以前の雷門附近/p40
    • 名高かった店などの印象/p42
    • 淺草の大火/p52
    • 猛火のなかの私達/p56
    • 燒跡の慘な話/p63
    • その頃の消防夫/p66
    • 猫と鼠/p70
    • 一度家に歸り父に誡められた話/p78
    • 上野戦爭當時のことなど/p83
    • 遊藝には縁のなかった話/p92
    • 年季明け前後/p96
    • 徵兵適齡/p101
    • 家内を貰った頃/p105
    • 堀田原へ引越した頃/p113
    • 初めて博覽會の開かれた當時/p115
    • 店初まっての大作/p121
    • 引き続き作に苦心したこと/p128
    • 東雲師逝去のこと/p130
    • 東雲師沒後のことなど/p137
    • 身を引いた時のことなど/p139
    • 神佛混淆廢止改革された話/p144
    • 本所五ツ目羅漢寺のこと/p147
    • 蠑螺堂百觀音の成り行き/p149
    • 私の守り本尊/p157
    • 實物寫生/p160
    • 脂土や石膏に心を惹かれた話/p164
    • 鑄物の仕事/p167
    • 象牙彫全盛時代/p171
    • 牙彫を排し木彫に固執した話/p174
    • 貿易品の型彫をした話/p179
    • 葦の葉のおもちゃ/p182
    • 熊手を拵えて賣った話/p187
    • 歲の市のこと/p194
    • 東雲師の家の跡のことなど/p197
    • 龍池會の起った話/p199
    • 石川光明氏と心安くなった話/p204
    • 彫工會の成立/p214
    • 會の名のことなど/p224
    • 発會當時及びその後/p227
    • 大病をした時/p230
    • 大隈綾子刀自の思い出/p236
    • 皇居御造營のこと、鏡縁、欄間を彫った話/p252
    • 葉茶屋の狆/p256
    • よき狆のモデルを得た話/p262
    • 四頭の狆を製作した話/p269
    • 鷄の製作を引き受けた話/p278
    • 矮鷄のモデルを探した話/p283
    • 矮鷄の製作に取り掛ったこと/p288
    • 矮鷄の作が計らずも出品された經緯/p291
    • 聖上行幸の當日/p296
    • 天覽後の矮鷄/p299
    • 佐竹の原繁昌の話/p302
    • 佐竹の原へ大[佛]を拵えた話/p305
    • 大佛の末路のあわれな話/p318
    • 學校へ奉職した前後/p323
    • 奈良見物に行ったこと/p334
    • 帝室技藝員のこと/p337

検索結果(2件中 1-2件表示)

  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
1 光雲懐古談のイメージ

光雲懐古談 インターネット公開資料 図書

高村光雲 著 (万里閣書房, 1929)  

2

木彫七十年 国立国会図書館限定 図書

高村光雲 著 (中央公論美術出版, 1967)  

  •  
  •  
  • 1
  •  
  •