国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

簡易検索: 資料群=すべて   キーワード=久原房之助   公開範囲=すべて

検索結果(13件中 1-13件表示)

  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
1

法学政治学論究 : 法律・政治・社会. 秋季(46) 国立国会図書館/図書館送信限定 雑誌

慶應義塾大学大学院法学研究科[他] (慶應義塾大学大学院法学研究科内「法学政治学論究」刊行会, 2000-09)  

  • 目次:久原房之助の一国一党論--斎藤内閣期を中心に / 奥//健太郎
2

DIO. (156) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(連合総合生活開発研究所, 2001-12-01)  

  • 本文:会の幹事長、久原房之助のアッピールです。今日の亀井静香氏にちょっと似ています。最後のスローガンは満州事変。選挙では外交問題、国防問題は余り人気がないから、最後に自主的外交の我々と屈従外交の民政党かとい
3

フロムあきた. 2001-2002 (冬) (6) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

秋田県広報課 (秋田県, 2001-12)  

  • 本文:に取り組んだ久原房之助(左)に関する展示当時の鉱山の様子に関する展示こ ちら 編集 局佐 々木 東大 総長 から は、 社会 情勢 の分 析か ら子 ども のこ ろの 思い 出ま で、 盛り だく さ
4

ライマン鹿角を行く : ライマンの野帳から読みとれる彼の開拓期地質調査とヒューマニズム インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

金光男[他] (秋田県立博物館, 2007-03)  掲載雑誌名:秋田県立博物館研究報告. (32)  

  • 本文:ン,仙石亮,久原房之助,武Ill恭作,辻元謙之助,渡辺武男,大橋良一(加納2004)ら鐸々たる鉱山学烈士が粘査した土地である.その後不動沢は全面にわたり部厚いコンクリートが打たれ, 2004年をもって
5

企業城下町(茨城県日立地区)の仮想工業団地にみる情報サービス化戦略の一考察 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

藤井,享 (情報文化学会, 2008-11-30)  掲載雑誌名:情報文化学会誌. 15(2)  

  • 本文:1905 )久原房 之助が,それまで採算の とれな かっ た赤沢銅山 (後,日立鉱山)に 近代資本を投入し,本格的 に採 鉱を はじめ開拓された 。そし て,当時,日立 鉱山 の電気機 械修 理工作課
6

名誉館長館話実施報告抄 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

新野直吉 (秋田県立博物館, 2009-03)  掲載雑誌名:秋田県立博物館研究報告. (34)  

  • 本文:2代目所長は久原房之助で、山口県人である藤田伝三郎社長の甥であったが、独立して日立鉱山の経営に向い、彼に従って小坂を離れた社員も多く、それらの人々に払う金銭も多かったし、小坂の技術者の減少も著しかった
7

地域リスクとローカルガバナンスに関する調査報告 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

長坂俊成[他] (防災科学技術研究所, 2009-03)  掲載雑誌名:防災科学技術研究所研究資料. (330)  

  • 本文: 38 年)久原房之助が日立鉱山を拠点として以来,日立製作所(日立グループ)の企業城下町となっている.日立市の地勢は,東側の太平洋と西側の多賀山地に挟まれ,南北に細長く可住地が伸びている.可住地の多く
8

地球環境保全に向けた日立グループの貢献 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

八丁地隆 (日立評論社, 2008-05)  掲載雑誌名:日立評論. 90(5)  

  • 本文:鉱山の創業者久原房之助は,大煙突の建設を提案し,気球を使った高層気象観測という科学的アプローチによって,大煙突が排煙の希釈に効果的であることを確認した。その結果,日立鉱山は,1914年,標高 328
9

朝鮮戦争と日本の対応 : 山口県を事例として インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

庄司潤一郎 (防衛省, 2006-03-23)  掲載雑誌名:防衛研究所紀要. 8(3)  

  • 本文:事は、知人の久原房之助(9)を通して、直接GHQに警護を要請したところ、GHQから、山口県での天皇の警護には特に米軍が責任を持ち、MPを大量に派遣するとの回答があり、事無きを得たのであった(10)。
10

独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所年報. 2002年度 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(東京文化財研究所, 2003-05)  

  • 本文:。これらは、久原房之助が朝鮮総督府博物館に寄贈した物が韓国・国立中央博物館の所蔵になったものである。大谷コレクションの一部は東京国立博物館にも所蔵されており、特に壁画は西域壁画の研究を行う上で貴重な資
11

独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所年報. 2003年度 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(東京文化財研究所, 2004-05)  

  • 本文:。これらは、久原房之助が朝鮮総督府博物館に寄贈したものが韓国・国立中央博物館の所蔵になったものである。大谷コレクションの一部は東京国立博物館にも所蔵されており、特に壁画は西域壁画の研究を行う上で貴重な
12

独立行政法人文化財研究所東京文化財研究所年報. 2004年度 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(東京文化財研究所, 2005-05)  

  • 本文:。これらは、久原房之助が朝鮮総督府博物館に寄贈したものが韓国・国立中央博物館の所蔵になったものである。大谷コレクションの一部は東京国立博物館にも所蔵されており、特に壁画は西域壁画の研究を行う上で貴重な
13

静脩 : 京都大学附属図書館報. 40 (1) (147) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

静脩編集委員会[他] (京都大学, 2003-05-31)  

  • 本文:考 第1冊は久原房之助氏寄贈本。第1冊内題は「毛詩聴塵」。 12『礼記抄』宣賢写 1冊存1巻(巻1)清家文庫 1-64/ラ/2貴 64445 和文17行無辺無界巻末奥書「清三位入道宗尤抄之(花押)」(
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •