国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

簡易検索: 資料群=すべて   キーワード=佐久間象山   公開範囲=すべて

検索結果(1309件中 1301-1309件表示)

1301

近代日中における「鍵」概念の変容と知識人 国立国会図書館限定 博士論文

王, 暁雨 (2014-09-20)  

1302

近代的尺度「1m=3.3尺」、逆数「1尺=0.303m」の普及 : 幕末の造船所建設 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

山田,研治 (日本計量史学会, 2016-02-10)  掲載雑誌名:計量史研究. 38(1)  

  • 本文:誘わ れ、 佐久 間象山が参加したの も嘉永 3 年で ある 27)。佐久 間象 山は 、翌年 、『蹶学 圖編』 「例言 」(嘉永 4 (1851 )成稿 、刊行は 嘉永 6 年力)で、「1 エル =
1303

近代西欧文明に対する日韓の思想的対応―廣池千九郎と沈大允の道徳思想を中心に ― 国立国会図書館限定 博士論文

金, 聖哲 (2015-03-14)

1304

郵政資料館所蔵資料概要 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

井上卓朗 (郵政博物館, 2010-03-09)  掲載雑誌名:郵政資料館研究紀要. 平成21年度(1)  

  • 本文:器一式」、「佐久間象山の電気関係資料」がある。佐久間象山は電流として流れる動電気を日本で最初に研究し、嘉永2年(1849)に電信機の実験を行ったとされている。その根拠のひとつが当館所蔵の「佐久間象山
1305

野辺地町観光資源活用調査報告書 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(経済産業省委託調査報告書) / 電源地域振興センター (経済産業省, 2009-03)

  • 本文:は松代歴史、佐久間象山、松代雅楽、茶道、文化財ガイド等、様々 な専科が設けられ、学習会を開催するとともに、松代を訪れる人々の文化財活用のサポ ートにっとめている。一73−一エコール・ド・まつしろ倶楽部
1306

鈴木主税の弘化四年「御用日記」 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

柳沢芙美子 (福井県, 2015-02)  掲載雑誌名:福井県文書館研究紀要. (12)  

  • 本文:・三条実美・佐久間象山・緒方洪庵の書状や和歌も、入手先は不明であるが箱書きから仙石亮の手元にあったことがわかる資料である。 もう一つは、戦時下に軍医でもあった宮崎為蔵氏が直接収集した1937年(昭和1
1307

長崎歴史文化博物館年報. 平成25年度 国立国会図書館限定 電子書籍・電子雑誌

長崎歴史文化博物館 (長崎歴史文化博物館, 2014-06)  

1308

静脩 : 京都大学附属図書館報. 15 (3) (61) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

静脩編集委員会[他] (京都大学, 1978-08-31)  

  • 本文:)。佐久間象山筆 題那波利翁像詩。高山彦九郎筆 在京日記。入江九一筆 吉田松陰詩。松下村聖一燈銭申合帳。地震計 佐久間象山考案。紙捻詠歌 平野国民獄中の製作。奇兵隊日記。 ぐ鈴唐蔵一附属図書館元職員)
1309

静脩 : 京都大学附属図書館報. 31 (2) (114) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

静脩編集委員会[他] (京都大学, 1994-09-30)  

  • 本文:ダ語を学んだ佐久間象山のことである。 芳洲旧蔵の蘭書としては、ニューウェンホイス『学芸百科事典』全8冊(1820−28)中K−M,R−S,T− Wの端本3冊、および同事典の『補遺』全9冊(1833−4