国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

簡易検索: 資料群=すべて   キーワード=南原繁   公開範囲=すべて

絞り込み

  • 電子書籍・電子雑誌:国の機関 解除

公開範囲

電子書籍・電子雑誌

出版年

収集根拠

巻号を省略

検索結果(9件中 1-9件表示)

  •  
  •  
  • 1
  •  
  •  
1

Research Bureau論究. (10) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

衆議院調査局 (衆議院, 2013-12)  

  • 本文:成が委員長、南原繁が副委員長に就任した。また、第一特別委員会は、羽渓了諦主査の下、天野貞祐、務台理作、関口鯉吉、河井道、島田孝一、芦田均、森戸辰男が委員となった。 170 RESEARCH BUREA
2

がんプロフェッショナル養成プログラムの進捗と第二期への展望 国立国会図書館限定 電子書籍・電子雑誌

樋野興夫 (国立保健医療科学院, 2012-12)  掲載雑誌名:保健医療科学. 61(6)  

3

国立国会図書館年報. 平成22年度 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

国立国会図書館総務部 (国立国会図書館, 2011-08-30)  

  • 本文:吉田茂書簡 南原繁宛 昭和 24 年 4 月 17 日付 1 通 愛知県勤労会館労働図書資料室 調査報告書等 1,081 冊 北海道立図書館 雑誌等 1,210 冊 日本生産性本部生産性資料室 社史、
4

帝国議会の貴族院 : 大日本帝国憲法下の二院制の構造と機能 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

田中嘉彦 (国立国会図書館, 2010-11)  掲載雑誌名:レファレンス. (718)  

  • 本文:、宮澤俊義、南原繁、牧野英一、浅井清、佐々木惣一、秋田三一、林博太郎、山田三良、井川忠雄といった錚々たる顔ぶれの議員による質疑が行われ、改正案は 45 名から成る帝国憲法改正案特別委員会に付託された。
5

新成長戦略(基本方針) : 輝きのある日本へ インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

国家戦略室 (首相官邸, 2009-12-30)

  • 本文:学総長だった南原繁氏は戦争からの帰還学生歓迎の辞で、「希望を持て、理想を見失うな。」と呼びかけ、新しい日本の建設を訴えた。あれから 65 年。再び大きな試練を迎えた今こそ、経世済民の原点に立ち戻り、生
6

新書にみる民主主義への思い インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

大嶋健一 (参議院, 2009-07-01)  掲載雑誌名:立法と調査. (294)  

  • 本文:たい。まず、南原繁『人間と政治』(1953)、丸山真男『日本の思想』(1961)、福田歓一『近代民主主義とその展望』(1977 いずれも岩波新書)は、戦後政治学を確立した権威ある政治学者を書き手とし、
7

日本国憲法制定過程における二院制諸案 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

田中嘉彦 (国立国会図書館, 2004-12)  掲載雑誌名:レファレンス. (647)  

  • 本文:2月14日、南原繁総長の発案で、学内に「憲法研究委員会」(委員長:宮沢俊義)が設けられた(59)。 当初の論点整理「憲法改正に関し検討すべき諸問題」で は、議会のうち両院制の問題について、「ア、両院制
8

日本学士院ニュースレター : 明六社だより. (1) 国立国会図書館限定 電子書籍・電子雑誌

日本学士院 (文部科学省, 2008-04-14)  

9

現行制度の制定過程における退位の議論 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

山田敏之 (国立国会図書館, 2017-04-18)  掲載雑誌名:調査と情報. (958)  

  • 本文: 位47 、南原繁議員が、①不治の重患ある場合、②人間として自由を求める場合(基本的人権の尊重に欠けないか)、③自身の道徳的意思に基づく場合の退位48 、についてそれぞれ持論を述べ、政府の見解を質した
  •  
  •  
  • 1
  •  
  •