国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

簡易検索: 資料群=すべて   キーワード=島村抱月   公開範囲=すべて

検索結果(22件中 1-20件表示)

1

226 竹久夢二と児童文化 : 夢二の子ども観を中心として インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

本多,譲 (日本保育学会大会準備委員会, 1995-05-01)  掲載雑誌名:日本保育学会大会研究論文集. (48)  

  • 本文:年文庫」 は島村 抱月が編 集貴任と なり、新しい童 話運 動を起こ すため に企 爾された もので あっ た。夢二 はこ れに 子ど も絵の 表紙以外に「春坊」 他三編 S )の 童話 を書 いて
2

344 竹久夢二と児童文化(2) : 夢二の子ども絵を中心として(口頭発表III,児童文化III) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

本多,讓 (日本保育学会大会準備委員会, 1996-04-26)  掲載雑誌名:日本保育学会大会研究論文集. (49)  

  • 本文:で あっ た島村抱月 の存 在を忘れる ことはで きない。  「早稲田 文学亅 に送 られて きた 夢二 のコ マ絵 を手に とっ て抱 月が「次の 号に のせ てや ろうISI とい うこ とから、
3

Gaidai bibliotheca : 図書館報. (170) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

京都外国語大学付属図書館館報編集委員会 (京都外国語大学, 2005-10-11)  

  • 本文:4年のこと、島村抱月・井上伸共訳『ドン・キホーテ』(上・下、植竹書院)である。しかしいずれも原典からではなく他言語からの重訳であった。評者 坂東 省次スペイン語圏を知る本(その36)『ドン・キホーテ』
4

「女優」と日本の近代 : 主体・身体・まなざし : 松井須磨子を中心に インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

池内靖子 (立命館大学, 2000-03)  掲載雑誌名:立命館国際研究. 12(3)  

  • 本文:遥の門下生,島村抱月は,1905(明治38)年の秋,ヨーロッパから日露戦争最中に帰国し,坪内とともに1906(明治39)年2月17日の文芸協会の創立と実践に深く関わることになった。抱月は,1902~0
5

『ゴンドラの唄』考 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

相沢直樹 (山形大学, 2008-02-15)  掲載雑誌名:山形大学紀要(人文科学). 16(3)  

  • 本文:つけた注文,島村抱月の思惑や劇団幹部だった中村吉蔵の総括等によって浮き彫りにしようという試みを「失われた明日のドラマ─ 島村抱月の芸術座による『その前夜』劇上演(1915)の研究─」という論考にまとめ
6

ふみくら : 早稲田大学図書館報. (73) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

早稲田大学図書館 (早稲田大学, 2005-12-15)  

  • 本文:松井須磨子、島村抱月、マックス・プランク、桑木厳翼などである。本資料は桑木雄令孫桑木敏氏より寄贈を受けたものである。目録は「桑木雄関係資料目録」(文責:久保尾 俊郎)アインシュタインを迎えた桑木雄 (
7

ふみくら : 早稲田大学図書館報. (84) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

早稲田大学図書館 (早稲田大学, 2013-10-21)  

  • 本文:た坪内逍遙、島村抱月が、早稲田の卒業生で詩人の相馬御風に依頼をした。表紙写真は 3 番から成る歌詞のうち、1 番部分。なお、本資料は右記の展覧会に展示されている。<展覧会のお知らせ>下記の日程で展覧会
8

ふみくら : 早稲田大学図書館報. (66) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

早稲田大学図書館 (早稲田大学, 2000-12-15)  

  • 本文:。桑木氏宛の島村抱月・松井須磨子・西田幾多郎・田辺元・長岡半太郎らの書簡数百通をご寄贈。なおこのお話は、ホームページ「早稲田と文学」へのメールから始まった。江川紹子氏(10.19受贈)校友、昭57政経
9

ふみくら : 早稲田大学図書館報. (68) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

早稲田大学図書館 (早稲田大学, 2001-12-15)  

  • 本文:明治30年、島村抱月・後藤宙外らと雑誌「新著月刊」を出し、「深刻小説」を書いたが、世間一般には、明治36年に発表した通俗恋愛小説『魔風恋風』で有名になり、流行作家となった。これには、当時新進の日本画家
10

ふみくら : 早稲田大学図書館報. (78) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

早稲田大学図書館 (早稲田大学, 2010-03-15)  

  • 本文:も、第二次の島村抱月、第三次の谷崎精二、と大家というべき人物が編集者の座にあったため、戦後の第四次以降の展開はどうしても陰に隠れがちであった。しかし、丸岡の論考はそうした部分に一閃の光を差し込むような
11

向坂逸郎文庫の図書・資料 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

吉田健二 (法政大学大原社会問題研究所, 2001-08-25)  掲載雑誌名:大原社会問題研究所雑誌. 2001年(8月)(513)  

  • 本文:係だけでも,島村抱月『芸術講話』(1917年),尾瀬敬止『革命芸術体系』(1927年)など78冊に及び,このほかセットものの内外の美術全集や写真集も数十点を超す。この日本語図書について何といっても注目
12

大正期「歌」資料楽譜目録 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

小西潤子 (大阪音楽大学, 2010-05)  掲載雑誌名:音楽研究 : 大阪音楽大学音楽博物館年報. 25  

  • 本文:中山晋平][島村抱月/相馬御風]カチウシャかわいやわかれのつらさソ・ドレミソラ・ソミドレ・ミドラレ・ソソ 4/4 歌(一声)・明笛清笛数字譜 028 明笛清笛独案内和洋音楽普及会(編)三友会出版部(発
13

対照レトリックの可能性 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

久野誠 (岐阜聖徳学園大学, 2005-02-28)  掲載雑誌名:岐阜聖徳学園大学紀要 : 外国語学部編. (44)  

  • 本文:に坪内逍遥・島村抱月・波多野完治などレトリック研究の伝統は早稲田にある。* 佐藤信夫『レトリック感覚』(1978)『レトリック認識』(1981)講談社。+ 高部伸夫(佐藤信夫)『広告コピーのレトリック
14

川島忠之助家のばあい : 江戸の地霊・東京の地縁 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

塩崎文雄 (和光大学, 2013-03-19)  掲載雑誌名:東西南北 : 和光大学総合文化研究所年報. 2013  

  • 本文:ことで有名な島村抱月も、慶子と同じ月に、同じスペイン風邪に斃��れている。以後の20年間、仏英和女学校卒業後も病がちで終生未婚だった次女園子に、忠研究プロジェクト:東京一市民の暮らしと文化── 197
15

所蔵図書・資料 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

(法政大学大原社会問題研究所, 2000-02-25)  掲載雑誌名:大原社会問題研究所雑誌. 2000年(1・2月)(494・495)  

  • 本文:係だけでも,島村抱月『芸術講話』(1917年),尾敬止『革命芸術体系』(1927年)など78冊に及び,このほかセットものの内外の美術全集や写真集も数十点を超す。だが向坂自身,かつて「日本語の本は日本資
16

日本の矯正歯科学の歴史(II) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

鈴木,祥井[他] (日本矯正歯科学会, 2003-00-00)  掲載雑誌名:Orthodontic waves : journal of the Japanese Orthodontic Society : 日本矯正歯科学会雑誌. 62(2)  

  • 本文:者が 出た.島村抱月 もその 犠牲 にな り,翌年 ,松井 須磨 子が後追い 自殺し てい る.まさ に大 正デ モク ラシ ーを象徴す る事件で あった .この年,米 1 升 30銭で あった が,
17

楡蔭 : 北海道大学附属図書館報. 5 (2) (24) 国立国会図書館限定 電子書籍・電子雑誌

北海道大学附属図書館 (北海道大学, 1971-04-30)  

18

民衆詩派の詩人・白鳥省吾「土の精神」考 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

千葉貢 (高崎経済大学地域政策学会, 1998-10)  掲載雑誌名:地域政策研究. 1(1)  

  • 本文:内逍 遙、 島村 抱月 、片 山伸 、吉 江喬 松、 五十 嵐力 ﹂等 の教 えを うけ 、﹁ 若山 牧水 、秋 田雨 雀、 相馬 御風 、本 間久 雄﹂ 等と 交友 し、 文学 的な 素養 が錬 磨
19

現代ドイツの演劇状況(Ⅶ) インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

照井日出喜 (北見工業大学, 2008-03-10)  掲載雑誌名:人間科學研究. (4)  

  • 本文:深尾須磨子や島村抱月、あるいは森鴎外や坪内逍遥、さらには小山内薫といった人びとの、西洋演劇の「移植」に対する情熱や絶望の深さを再現することは、まったく不可能であった。美術や音楽についてもそれは同様であ
20

硯友社文学に見られるツルゲーネフ受容の様相 : 柳川春葉の場合 インターネット公開資料 電子書籍・電子雑誌

籾内,裕子 (日本ロシア文学会, 1995-09-01)  掲載雑誌名:ロシア語ロシア文学研究. (27)  

  • 本文:者もいた 。島村抱 月が小 栗風 葉の『青春』を評した文 に次 のよ うな一 節が ある 。「作者は 時代の 犠牲者 を描くといふ 意識を 一層 強く持っ て欲 しかっ た。 つま り時代の 弱点を描