国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

TED-AJ03-559 DEVELOPMENT OF MULTI-BED ADSORPTION CHILLER FOR LOW-TEMPERATURE WASTE HEAT RECOVERY

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
画質調整
その他
URL表示
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
This study aims at improving the performance of thermally activated silica gel-water adsorption refrigeration cycle by introducing multi-bed scheme. In this paper, a 3-bed non-regenerative silica gel-water adsorption chiller design is outlined along with the performance evaluation of the innovative chiller. The 3-bed chiller will be able to work as high efficient single-stage adsorption chiller where driving source temperature is between 60 and 95℃ along with a coolant at 30℃. The 3-bed cycle comprises with three adsorber/desorber heat exchangers, one evaporator and one condenser as can be seen from Fig. A-1. Waste heat or renewable energy sources will power the high temperature desorber. If two beds are in desorption mode, the hot water outlet from the lead desorber will drive the lag desorber before being purged to ambient. This facilitates the maximum utilization of the waste stream. On the contrary, if two adsorber or desorber beds are in adsorption mode, the cooling water outlet from the lead adsorber will cool down the lag adsorber. In this circumstance, two adsorber beds will be connected with the evaporator and will enhance evaporation. The present design allows refrigerant vapor recovery between the high temperature desorber (s) and low temperature adsorber (s) by openning valves 6,7 and 8. This will result in pressure swing in the process and evaporation enhancement. A cycle simulation computer program is developed to analyze the influence of operating temperatures (hot and cooling water temperatures) on cooling capacity and coefficient of performance (COP) of the innovative 3-bed cycle. The cycle simulation calculation indicates that the COP value of the 3-bed chiller is 0.38 with a driving source temperature at 80℃ in combination with coolant inlet and chilled water inlet temperatures at 30℃ and 14℃, respectively. The delivered chilled water temperature is about 6℃ with this operation condition.[figure]

目次・巻号

Proceedings of the ... ASME/JSME Thermal Engineering Joint Conferenceの書誌情報

簡易表示

詳細表示

Proceedings of the ... ASME/JSME Thermal Engineering Joint Conference. 2003 6の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10352075/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002760094.pdf 166508 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。