国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

精神薄弱児における数概念の発達に関する研究 : 同一MAの正常児との比較

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
URL表示
画質調整
その他
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
同一MA(主としてビネー法による)の精神薄弱児とを対象として,数概念の発達を,a.事物相互の対応(事物の単純な対応づけ,2集合の相等判断および保存の成立),b.数詞による集合の大きさの把握(等質的分離量の計数,連続量の計数,および異質的事物の計数)の両面から比較検討した。被験者は,特殊学級在籍の精神薄弱児(MA3才∼10才)133名と正常児(MA,CAともに3才∼8才)69名である。主な結果として次の点が明らかにされた。 (1) 提示事物に単純に対応させて,等数量の事物をとり出す実験の結果,分離量(おはじき),連続量(テープ)のいずれにおいても,精神薄弱児が低MA段階で上位の傾向にあったが,発達の完成する段階および全般的な発達傾向は同じまたはほぼ同じである。 (2) 提示事物に数詞を対応させ,その集合の大きさを数詞で把握させる実験(上記bの検討に属する)により,等質的な分離量(おはじき)に関して,(1)と同様のことがいえる。 (3) しかし,他方提示事物に連続の要素が加わって,その集合の大きさを数詞で把握させる連続量(テープ)の場合とか,さらに分離量でも提示事物が,各種の形・大きさによる図形の場合になると,両対象児群間に有意な差が生じ,精神薄弱児が劣る。つまり,さきの2実験のように,提示事物が一様に均等で見なれたものであり,しかも個々に切り離され数えやすい分離量ならば,一対一の事物対応,数詞への抽象化による集合の把握が可能であるが,そこに認知上の要素が新たに加わって複雑になったり,種々の知覚的形態が伴なってくると,同一MAであっても,精神薄弱児の正答率が低下の傾向をとる(特に高MA段階において)。 (4) そこで再び事物の対応に関して,2集合間の相等判断と保存を検討したが(上記のa検討に属する),両実験において精神薄弱児が正常児に対し,おおむね1年∼2年の発達的遅れを示した。つまり数詞による集合の把握の場合に同じように,事物の対応に関しても,比較の条件が多くなったり,事物の属性に場面や形態的な変化が加わると,精神薄弱児が発達的に劣ることになる。 (5) 以上,a, b両検討の結果から,同一MAであって,普通一般には精神薄弱児がややまさるかほぼ同様の数行動を示したとしても,それは見かけに過ぎず,真の数の内面化,抽象化,一般化さらに概念化においては,精神薄弱児の方が正常児より劣るということがわかる。 (6) 今後の問題として,精神薄弱児の数行動が実験教育的指導によっていかに変化するか,またその点で正常児といかに異なるか,さらに数行動に関して教育的な見地から,MAが指標として有効か否かなどが,残されている

教育心理学研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

教育心理学研究. 15 1の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10623091/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0002076724.pdf 1455635 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示するその他ボタンをクリックして[URL]ボタンをクリック*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※HLS(HTTP Live Streaming)による配信・再生に対応するブラウザ・プレイヤーをお使いの場合はシークバーのドラッグが可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。