国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

Computation of Incompressible Viscous Flow around a Marine Propeller

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
画質調整
その他
URL表示
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
This paper describes an application of CFD (Computational Fluid Dynamics) to the computation of incompressible viscous flow around a marine propeller. High Reynolds-number flow around a marine propeller operating in a uniform flow is simulated using a newly developed CFD scheme, which is based on cell-centered, finite-volume method with global conservation property for mass and momentum flux. Governing equations are full Navier-Stokes equations and continuity equation with pseudo-compressibility, which are written in boundary-fitted curvilinear coordinate system fixed on a propeller blade. For discretization in space, 3rd-order upwind scheme derived from flux-difference splitting method is adopted for convection terms and 2nd-order central difference scheme for viscous terms, respectively. 1st-order Euler implicit scheme is adopted for the time integration and the resulted discretized equations are solved by Implicit Approximate Factorization (IAF) scheme with high efficiency. A series of high Reynolds-number flow computations around a SEIUNMARU conventional propeller are made to show validity and availability of the present scheme as a practical design tool. Through quantitative comparison of the computed results with experimental data for surface pressure distributions, thrust and torque coefficients, it is clearly shown that present scheme can predict a viscous flow around a marine propeller qualitatively well and that several problems, such as open boundary conditions and excessive grid skewness, should be solved in order to improve accuracy of the present scheme. By flow visualization technique using the computed results, some important characteristics of a rotating propeller flow such as the development of boundary layers and separation on a propeller blade, tip vortex generation and a structure of trailing vortices, are found to be well simulated qualitatively by the present scheme, which may be useful tool for the development of the inviscid-flow calculation method.

目次・巻号

日本造船学会論文集の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本造船学会論文集. 172の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10788197/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0005169777.pdf 1234228 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。