国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

水中翼を有する高速双胴船の波浪中運動に関する研究(第1報)

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
画質調整
その他
URL表示
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
The motions in waves of high-speed catamarans with hydrofoils were studied through both non-linear computer simulation and towing tank tests. The category of the ships of our interests is characterized by a set of fully submerged hydrofoils whose dynamic lift support the majority of the ship weight and a set of catamaran hulls whose displacement gives the support for the rest of the ship weight as well as the longitudinal and lateral stability. We describe the longitudinal motions in head and following waves in this first report. The time-domain non-linear computer simulation was based on the strip method for the forces and moments on the hulls. For the dynamic lift of the hydrofoils, the unsteady components stemming from the wave orbital velocity and the ship motions were considered in the quasi-steady way. The simulation results showed good agreements with the towing tank tests in general. Through the simulation runs and the tank tests for the ship Froude number of 1.0 and the wave length to ship length ratios from 1.0 to 4.0, the motions in following waves were found to be significantly larger than those in head waves. In the high following waves (H_w/L=0.06) , the fore hydrofoil went out of the water in the downward slopes of the waves and the ship showed large non-linear motions. This kind of wild motions in following waves are described to be a natural tendency of the ships of the subject category. In order to suppress the large motions, we tried controlling the angle of attack of the hydrofoils by feeding the pitch angle and the pitch rate back. Both the simulation and the tank tests showed significant effects of the control. The amplitudes of the pitching motions were reduced to about 30% of those under no control both in head waves and in following waves. Finally, we studied the effects of the hydrofoil configuration with the simulation. Although the studied cases dis not show good improvements of the wild motions in following waves, the developed simulation program in a good tool for designing this kind of ships considering the motions in waves. In the second report, we intend to survey the motions of six degrees of freedom in the waves from various directions.

目次・巻号

日本造船学会論文集の書誌情報

簡易表示

詳細表示

日本造船学会論文集. 172の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10788207/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0005169787.pdf 1007746 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。