国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

計算生物学におけるカーネル法(数学者のための分子生物学入門,研究会報告)

情報
縮小
拡大
縦横合せ
横合せ
左回転
右回転
概観図
画質調整
その他
URL表示
全画面
操作方法

解題/抄録

書誌の解題/抄録
1.緒言 計算生物学の研究目的の一つは、実験的研究により生成される大量のデータを解析し、生物学的に有用な仮説を自動的に導くための計算手法を開発することである。また、生物学においては多種多様なデータが生成されるため、それらを統合して扱うことのできる数学的枠組みを見出すことは重要な課題の一つである。計算生物学において対象となるデータには、遺伝子配列データ、化学構造データ、遺伝子発現データなどがあるが、ここでは、これらを統一的に扱うことを可能とするカーネル法について説明する。カーネル法はここ十年間に機械学習分野において発展してきた手法であり、生物学を含む数多くの問題に応用されている。2. Mercerカーネル 集合Xの直積から実数へ関数K(x,y)が、対称性(K(x,y)=K(y,x))を満たし、さらに、正定値性を満たす場合に、関数K(.,.)はMercerカーネルと呼ばれる。K(.,.)がMercerカーネルである場合、あるヒルベルト空間Φ、および、XからΦへの関数φ(x)が存在し、K(x,y)はφ(x)とφ(y)の内積となる。より、厳密にはRKHS (reproducing kernel Hilbert space)と呼ばれるヒルベルト空間を用いることにより、MercerカーネルとRKHSを対応づけすることができる。また、RKHSの重要な性質として、RKHSが無限次元空間であっても、ある条件下で正則化された関数の最小化が有限個の点のみを考慮することで行えるということがあげられる。3.カーネル法 カーネル法の大きな利点の一つとして、ヒルベルト空間へ写像すること無しに種々の計算が行えることがあげられ、このことはカーネルトリックと呼ばれる。簡単な例としてはヒルベルト空間における2点間の距離がカーネル関数の簡単な組み合わせで求めることができる。より有用な例として、統計解析の主要手法の一つである主成分分析(PCA)が、カーネルを用いた場合にも、ヒルベルト空間における計算なしに行える。カーネルを用いた正準相関分析(CCA)は固有値計算問題に帰着することができ、二種類のデータを統合した解析を行うのに有用である。サポートベクターマシン(SVM)はカーネル法に基づく(教師あり)機械学習のための手法で、正負の例が与えられた時、正負の例を分離し、かつ、最近点までの距離(マージン)が最大となる超平面を計算する。実際には、正負の例を完全に分離することが不可能である場合が多いので、分類誤差と距離をトレードオフしたものを最適化する。SVMでは、カーネルトリックにより、最適な分離超平面が(多くの場合には少ないサイズの)正負の例の部分集合に対するカーネルの組み合わせにより表現される。4.タンパク質データに対するカーネル法 カーネル法を生物学データに適用するため、タンパク質や関連するデータに対するカーネル関数が提案されている。特に、配列(文字列)に対するカーネル関数はよく研究されている。長さkの部分文字列の出現頻度のベクトルを用いることにより、文字列からユークリッド空間へのカーネル関数を定義できるが、この手法はspectrumカーネルと呼ばれている。また、配列解析に広く利用されている確率モデルである隠れマルコフモデル(HMM)などから情報を抽出することによりカーネル関数を定義する、Fisherカーネルも提案されている。配列データ以外には、遺伝子発現データ、Phylogenetic Profileなどを扱うためのカーネルや、グラフ構造に関するdiffusionカーネルとカーネルCCAを組み合わせ代謝パスウェイと発現データの相関を抽出する研究などが行われている。カーネルの組み合わせに関する研究も行われており、半正定値計画法による、カーネルの線形結合の最適化などが研究されている。

目次・巻号

物性研究の書誌情報

簡易表示

詳細表示

物性研究. 81 1の書誌情報

簡易表示

詳細表示

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10940565/1

No. 名称 ファイル名 サイズ
1 ART0008411558.pdf 1170059 bytes
機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。