国立国会図書館デジタルコレクション

トップへ このデータベースについて ヘルプ

死の彼方 : 霊魂問題の聖書的批判

情報
操作方法

目次・巻号

  • 死の彼方 : 霊魂問題の聖書的批判 [124]
    • 標題
    • 目次
    • 第一章 緒論/1
    • 三つの見解
    • 權威ある窮極的標凖の必要
    • 神の啓示
    • 第二章 絶對的生命か?條件的生命か?/13
    • 神のみ不滅の存在者なり
    • 人は一時的存在物なり
    • 不死は生得權に非ずして恩賜なり
    • 生命は條件附なり
    • 第三章 不死/29
    • 神のみ不死を有し給ふ
    • 人類と不死との關係
    • 不死の本原
    • 不死は何時賦與されるか?
    • 第四章 人の創造/41
    • 靈魂は神に歸るべし
    • 神は如何にして人類を創造したるか?
    • 聖句の解説
    • 創造の状態
    • 意識の起原
    • 死者に意識なし
    • 聖書の語るところ
    • 第五章 死/57
    • 靈魂不滅説の起原
    • 「死者何處にありや」
    • 死者には意識なし
    • 交靈術の欺瞞的主張
    • 死は眠なり
    • ダビデは天に在らず
    • 「人もし死なば又生きんや」
    • 甦生の目覺め
    • 教會の希望は復活なり
    • 第六章 サタンの跳梁/75
    • 惡魔は個性を有す
    • 敵地を過りて
    • 現時代に於けるサタンの大活動
    • 暗黒時代に於ける惡鬼の横行
    • サタンの變貌
    • 交靈術は惡魔主義の變態なり
    • 第七章 惡者の刑罰(其一)/89
    • 應報は尚未來なり
    • 審判は死の時に非らず
    • 審判はキリスト再臨の時にあり
    • 終末の日に於ける審判
    • 第八章 惡者の刑罰(其二)/105
    • 現在受苦の處果して何處にありや
    • 火によりて罰せらる
    • 此地上に於て罰せらる
    • 千年期の終に於て
    • 熄ざる火
    • 第九章 降神術とは何ぞや/117
    • 驚く可き記録
    • 降神術の起原
    • 歐米に於ける現代降神術の起原
    • 惡魔の大同盟
    • 全然邪惡なる靈的實體
    • 基本體を現さない
    • 人の生涯の事件を悉く知つている
    • 科學者も困惑す
    • 科學者の不可能とする事は此計でない
    • クリスチヤンの假面を被る
    • サタンは悔改めた?!
    • 降神術の迅速なる進歩
    • 神は降神術を禁じ給ふ
    • 未來の預言は不可能である
    • 神秘なる惡魔的行爲
    • 靈を試むべし
    • 全く惡魔的である
    • サウルとエンドルの巫女
    • 降神術は果して如何なる功績ありや
    • 「靈」の詰問
    • 非基督教國に於ける降神術
    • 歐米に於ける降神術の現状
    • プランシエツトとは何か
    • 日本に於ける降神術
    • 第十章 キリストの再臨/158
    • 大なる患難
    • 暗黒日
    • 落星
    • キリストの再臨し給ふ可き時代
    • キリストの再臨の贋造
    • ラツセリズムの謬説
    • キリスト再臨の状態
    • 義者の復活
    • 惡者の復活
    • 君は果して安全なりや
    • 第十一章 千年期(ミレニアム)/176
    • 全世界は悉く神を信ずるに至らない
    • 世は益々惡化す
    • 難の日
    • 預言の曲解
    • 事件の順序
    • 第一の復活
    • 地上の住民絶滅す
    • 無底坑
    • 正當なる刑罰
    • 惡者の復活
    • 第十二章 罪と死の絶滅/195
    • 聖城を包圍攻撃す
    • 惡者の全滅
    • サタンの運命
    • 地上は火によりて潔めらる
    • 第十三章 義人の報賞/206
    • 地贖はる
    • 此約束の奥義
    • 此約束は尚未來に屬す
    • 復活は此約束の一部なり
    • 此約束に對し我等の盡す分
    • 再創造されたる地上
    • 家をたてて
    • 罪惡の永久消滅
    • 愛する者との再會
    • 永生

書誌情報

簡易表示

詳細表示

https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1160005/1

この資料は、著作権の保護期間中であるか、著作権の確認が済んでいない資料のためインターネット公開をしていません。閲覧を希望される場合は、国立国会図書館または図書館送信参加館へご来館ください。
デジタル化資料のインターネット提供について

図書館送信参加館にご来館になる場合は、来館予定の図書館へ利用方法の確認をお願いいたします。
「書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 」が表示されている資料は、遠隔複写サービスもご利用いただけます。

図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館送信)について
図書館送信参加館一覧
遠隔複写サービス の申し込み方

機能マウス操作キーボード操作
コマ送りの向きを反転するコマ送り方向反転ボタン(右向き) コマ送り方向反転ボタン(左向き)
次のコマに進む上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:→
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:←
前のコマに戻る上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:ビューア部左端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:ビューア部右端をクリック
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(右向き)のとき:←
上の表示がコマ送り方向反転ボタン(左向き)のとき:→
先頭コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから先頭ボタンHome
最終コマに移動その他ボタンを押してメニューを表示してから最終ボタンEnd
コマ数指定移動[コマ番号]からコマ数を選択
画像を拡大ホイールを上に回す
拡大ボタン
画像を縮小ホイールを下に回す
縮小ボタン
画像の表示範囲を動かす画像をクリック&ドラッグ
フルスクリーン(ビューア部の拡大)表示フルスクリーンボタンF
フルスクリーン(ビューア部の拡大)解除[フルスクリーン解除]F
画像全体を画面内に収める縦横合わせボタンG
画像の横幅を画面内に収める画面の横幅に合わせて表示するボタンH
90°回転(反時計周り)90°回転(反時計周り)ボタンJ
90°回転(時計回り)90°回転(時計回り)ボタンK
サムネイル一覧を表示するサムネイル一覧ボタンT
複数の画像を合成した全体画像を表示する全体画像ボタン
※この機能は古典籍資料の一部資料でのみ使用できます。
表示画像の画質を調整する画質調整ボタン
※このボタンで調整できるのは閲覧画面に表示している画像です。印刷時の画質は印刷調整画面で調整してください。
書誌、目次、解題・翻刻を表示する詳細情報を表示するボタン
書誌、目次、解題・翻刻を閉じる×ボタン
印刷する印刷するボタン*P
JPEG形式で表示JPEG表示ボタンをクリックし倍率を設定
画像を全コマダウンロードする全コマダウンロードボタン
※公開範囲が「インターネット公開(保護期間満了)」の資料でのみ利用可能です。
特定コマのURLを表示する[URL]*U
音声/映像を再生する再生ボタンP
音声/映像を一時停止する一時停止ボタンP
音声/映像を停止する停止ボタンS
音声/映像をコマ送りするコマ送りボタンCtrl+→:コマ送り
Ctrl+←:コマ戻し
音声/映像の表示領域比率を4:3に設定する4:3ボタンW
音声/映像の表示領域比率を16:9に設定する16:9ボタンW
音声/映像を任意の位置から再生するシークバー
※シークバーのドラッグも可能です。
SHIFT+→:+10秒
SHIFT+←:-10秒
音声を消す(ミュート)ミュートボタンM
音声を消す(ミュート)を解除ミュートボタン(ミュート状態)M
音量を調整する音量スライダー↑↓
再生速度を変更する再生速度変更ボタンU(速くする)
D(遅くする)

*アクセスキーの場合は、表中に「*」をつけています。
  Windows IEでは「ALT」+アクセスキー、Windows FireFoxでは「ALT」+「SHIFT」+アクセスキーのように押して利用します。